神田雑学大学 3月17日 講義録

URLへの簡単・特急接続法 教えます

講師:名和 正夫

  ディ アンド アイ システムズ株式会社
代表取締役社長


1.事業開始までの経緯
現在62才。大学卒業後42才まで商社に勤務。アメリカ駐在6年。 45才の時、元凸版印刷社員が起こしたDTP(デスク・トップ・パ ブリッシング)のベンチャーに営業担当役員として参画したが、50 才の時、あえなく倒産した。名和氏は営業第一線で事業のクローズに 最後まで対応した。一時はタクシー運転手の免許を採ろうとしたが、 客筋のNTTから受注していたタウン・ページサービスの継続発展を 続ける事業を行う目的で、ディアンドアイシステムズ株式会社を平成 元年に設立した。そして、平成8年NTTタウンページ公告編集シス テムを完成納入した。
このシステムはリクルート社の就職情報サービスと似たシステムだっ たが、NTT納入のシステムではコストパフォーマンスの点で、割高 であり、もっと大衆に密着した、将来の発展性が高い事業を社員と昼 夜模索した。その結果、33才の最年少役員のアイデアから、インタ ーネットへのイージーアクセスシステム ”Hatch Service” を開発した。
このサービスの特長は、アイデアが簡単で理解し易い、客が不便で困 っていた点を解決して喜ばれることであり、事業化の条件はインター ネットが大衆層に定着することにあった。つまり、インターネットが 一握りの先進利用者から、大衆層へ浸透し、キィボード・アレルギー がなくなることである。
平成8年8月8日、東京ヒルトンホテルで記者発表、同年10月31 日から事業を開始した。 総て独創的なシステムのトップランナーは試行錯誤で走り続けなけれ ばならない。当初の客先の反応は、「面白い。でも、他が始めてから、 様子を見て使いたい。」であり、なかなか商売には結びつかなかった。 こういった情報インフラストラクチャーの構築では、それを進める企 業の安定性と信用がまず必要と痛感し、営業は一端中止して、サービ スの基礎固めを行った。

2.Hatchサービスの展開

Hatchサービスは、本場アメリカでも覚えにくく、使いづらいU RL(ドメイン・ネームを含んだ)を番号に変換するサービスである。 平成8年12月家電メーカーがインターネットテレビを発表したが、 そのURLの入力はどうするべきか?を検討した結果、手っ取り早い 番号が最適であると確信した。
世の中には、体系化された番号システムが存在する。例えば、電話番号、 これで個人や法人、団体等のサイトが特定できる。郵便番号もその存在 場所を特定できる。また、JISで規定する公共施設、都道府県(東京 は区まで)も利用でき、その他ユニークな番号も身近にあって利用できる。 番号なら、伝え易く、覚えやすい。アクセスが簡単、迷わない。そして、 機種や場所を選ばない。等々多くのメリットがある。
URLを再度数字に置き換える手間は増えるが、デジタルで処理が簡単な ため、約1秒でアクセスできる。 この数字転換のためにソフトをインストールする必要があるが、90k bit程度の軽さで場所もとらない。現在、主要なパソコンのOSには、 搭載されている。また、NTTドコモの携帯電話(iモード)でも利用で きる。

3.Hatchサービス番号は何処で見る?

Hatchサービス対象の番号(インターネットナンバー)は何処で見つ けるのか?
雑誌等の紙メディア(あちゃら、イエローページ)、広告への刷り込み、 ネットワーク(キャリアモザイク、JOB MAIL)、ラジオ放送(東 北放送、山形放送)、プロバイダーの画面(So−net、ソニー系列、 他)で検索できる。


4.サービス・ミックスの発展

情報氾濫の現在、発信者はアクセスを待っていてはどうしようもない。
情報の発信者側が見せたいユーザーを自分の見せたい情報まで直接案内す る。その結果情報発信の効果が増幅し、客と企業とのダイレクトな関係が 適宜繋がることで、ワン・トゥ・ワン・コミュニケーションが成立する。 (註:ワン・トゥ・ワン・コミュニケーション・・・広告主とマスの関係 でなく、客個人とのダイレクトで双方向のコミュニケーション)
その結果、いろいろな分野で番号とサービスの組み合わせが考えられる。

・広告の遡及の進展(JR東日本、小田急)電車の宙吊り広告にHatch番号を入れ、客は詳しい資料を請求でき、 企業は客の属性情報をデータベース化して、ワン・トゥ・ワン・マーケ ティングが展開できる。・出版媒体の遡及(北海道十勝毎日新聞)新聞記事にHatch番号を入れ、読者はパソコンに打ち込んで詳細情 報にアクセス出来、新聞社側は読者とのダイレクトな関係づけが出来る。・テレビ番組の遡及Gコードをパソコンに打ち込むと、その番組のホームページにアクセス する。両者がダイレクトに繋がり、番組のモニターや広告などで一層の 遡及が可能となる。

5.実演

ここからインターネット接続の実演に入った。
まず、数字一桁の1で首相官邸、2でホワイトハウスが出る。
すかさず、「その2は了解を取ったんですか?」「いえ、取っっていませ ん。」(笑声)
次に番号案内の一桁は0、二桁は00でいろいろ実例にアクセスする。
次は、電話番号。三上さんの電話番号で、「吉祥寺雑学大学」が顕れる。
ここで、名和さんからのコメント。「ホームページをお持ちの方には、 4月までは無料で登録させて頂きます。
尚、一桁コードは、希少価値であり、非売となっております。」
また、郵便番号からそこの地図が検索できる。「神田雑学大学」の郵便番 号から、神保町の地図が顕れる。
又、計画中であるが、海外の地域コードから、時差情報を出す予定である。
CDがない場合には、ISIZE又はSONETを検索すると、Hatc hサービスのところでソフトダウンロードの指示が出来る。

6.質問

・雑誌で検索する数字は永久に使えるんでしょうか?(答)雑誌のコードは、3箇月・電話番号の使用料はお幾らですか?(答)1箇月当たり1000円です。
ユーザーのホームページにソフトのダウンロード指示ができます。・番号の間違いは誰かに迷惑がかかりますか?(答)何も迷惑にはなりません。他社のホームページに行くか、該当無 しの答えが返ってきます。・決まったジャンルの情報が一気に見られるコードは有りませんか?(答)それは、無料サービスでは手間を回収出来ず難しいですが、 ポータル・サービスに広告ができれば可能でしょう。・もっと簡単な検索法は有りませんか?(答)個人のブックマークに2桁までの英数字でコード設定が出来ます。 相手のURLを出して置き、短縮登録で設定します。
最後に一言。小社はまずこのサービスの認知度を挙げたい。是非、一度お使 いになった上、その便利さを知人にお伝え下さい。 法人では、ソニー、日本ソフトバンク、光通信等が出資に応じ、今後とも この事業は発展が期待できます。
本年4月以降、都バス、地下鉄、日経新聞等で積極的に宣伝を開始致します。 皆さんのご協力をよろしくお願い申し上げます。

以上

(文責 鈴木 一郎)


会場写真撮影:
HTML制作、編集:田口和男