神田雑学大学 5月12日 講義録


ボタニカル・アート(細密植物画)の楽しみ

講師  北村 亘氏
佐々木 マリ氏



目次
(クリックすれば該当の項へ進みます。
ブラウザの「戻る」ボタンで目次に戻ります。)

1. 講師紹介

2. ボタニカル・アートについて 

3. ボタニカル・アート実習


講師紹介


(北村さんの作品:画像をクリックすると
拡大画像が表示されます)

北村 亘:


ビック情報機器株式会社 代表取締役社長
(コンピューター・セキュリティ・コンサルタント会社の先駆けで
トップシェアの会社)

(佐々木さんの作品:画像をクリックすると
拡大画像が表示されます)

佐々木マリ:


NHK関連会社に勤務(多摩美術大学卒)

ボタニカル・アートについて

まず、北村氏のお話。
文化センターの「ボタニカル・アート」の教室を覗いたところ、 大方女性の聴衆の前に、高齢の男性がいらっしゃった。 世界的な植物学者、牧野富太郎博士の一番弟子だった。 それまで野山を歩き、カメラに収めていたが、それからは、細密なボタニカル・アートに惚れ込んだ。
今日御持ちしたこの花梨の花は、御近所の奥さんから頂いてきた。 私は、花は余所の庭に預けて育ててもらっている気持である。
育ちは吉野ですが、高校3年の生物で単位が危うかったので、先生に進級のお願 いにいったところ、進級の課題に吉野の植物1000種を収集してこいと命じら れた。それを懸命に採集、押花にして提出、及第した。
さて、ここに植物のレッド・カードならぬ、レッド・リストがある。 (国際自然保護連盟 調査)
それによると、世界の植物は242,013種。そのうち14%の33,418種が絶滅する。
日本の植物は5,565種。そのうち13%の707種が絶滅する。 例えば、ユリ科の32%、バラ科の13%、キク科の13%、ラン科の6%が絶滅する。 秋の七草の2種、桔梗、フジバカマも絶滅する。
昨今の日本では、青少年の犯罪が頻発している。これは日本人の心が病んできた証拠である。 古来日本では、生活と植物のつながりが深い。 それが優しい心根を>育んできた。ところが、最近の若者は植物の名前も知らない。 これは環境汚染の風潮に繋がる。ぜひ生態系の知識を身につけて欲しい。
それには植物の名前が基本である。 デートの折に立ち所に植物の名前が出れば、大いにモテル!
我々ボランティア50名は、これらの絶滅植物をボタニカル・アートに残し、 展覧会、出版物、絵葉書、カードを造り、社会に広める活動を推進している。
このボタニカル・アートを書き始めると、世の憂さの総てを忘れ、2〜3時間 は、あっという間に過ぎる。

ボタニカル・アート実習

ここで、佐々木マリさんにバトンタッチ。
さあ、実習に入りましょう。
ここに御持ちした絵は今日の対象、つつじの下刷りです。
基本的に、透明絵具は上に上に塗り重ねることが出来、まず薄い色で下塗りをする。 そして、上に濃い色を重ねる。
まず、自分のモデルの花がどう構成しているかをよく観察する。実際のボタニカ ル・アートでは、対象の植物は原寸大に描き、おしべ、めしべ、花弁の数は 見える見えないに係わらず、実物の数で写す。
書き方の順序は、鉛筆で柔らかく輪郭を写し、最後に仕上げ線を一本で残す。
消しゴムを使う際、ゴシゴシ擦らず、塗消しといい、押し当てながら傷が付かな いように線を取る。
絵具は三原色あれば、総ての色を作り出すことができる。
良く乾かしてから、上塗りをしますが、大方乾いたら、やっても結構。
光線の指し方をよく観察して、影を塗ると立体感が出ます。   etc,etc、、、
個人的に細かいご指導があり、各自懸命に花と格闘約1.5時間。 曲がりなりにも形が判る状態には、完成したところで時間切れ。
なかには、先生から激賞された優秀な作品もあり、楽しい久しぶりの御絵描きの 時間が楽しく終了しました。
完成画に画伯のサイン(?)を入れて、ボタニカルアート(植物画)家誕生です。
おふたりの先生には、モデルのつつじの花をはじめ、絵具、画用紙等総ての用具 の用意からご指導まで、誠にありがとうございました!
以上。


(文責 鈴木 一郎)