神田雑学大学 2001年2月23日 講義録

糖 尿 病 に ス テ ビ ア を

講師 細川俊介



目 次

(クリックすれば該当の項へ進みます。
ブラウザの「戻る」ボタンで目次に戻ります。)

はじめに・講師紹介

1.ステビア(Stevia)とは

2.ステビアの特徴

3.ステビアの用途

4.ステビアの成分

5.栽培方法

6.糖尿病

7.その他の効用

8.参考資料




はじめに・講師紹介

細川俊介さん

「糖尿病にステビアを」の細川俊介さんは、元製薬会社の社員でしたが、中南米ウルグアイの高原に自生する「ステビア」をわが国に移植することに成功しました。

「ステビア」は砂糖の300倍の糖度を持ち、かつ糖尿病治療にも勝れた効果があることが1970年の国際糖尿病学会でわかり、注目を浴びております。カロリーは砂糖の90分の1です。

今回は「ステビア」の解説と、栽培希望者にステビアの頒布(後日無料頒布)をしていただきました。

「皆様は夕方の疲れたひと時お集まりいただき、一月か、一年はオーバーかも知れませんが、そのくらいの価値があったと思って帰って頂けるように、情熱を持って話しますから、そのつもりでお聞き下さい。」と前置きして話し始めた細川さんは1920年生まれの80歳ですが、とてもそうは思えない、本当に情熱のこもった講演でした。

細川さんは十数年前から肩書きのない生活を、楽しく忙しく過ごしており、現在も社会のために、主に次の四つのことをしていらっしゃるとのことです。

(1) 園芸
ステビアを28年栽培しており、その苗を無料で市井の人に差し上げています。
雑学大学の三ただに加えて、四ただですね。

(2) 講演
健康は薬や医者ではありません、自分です。
ロータリークラブなどで、ステビアや健康について無料講演しています。

(3) 幼児教育
面白い遊びでなければ知能指数は伸びません。1年間に面白い40の遊びをします。
専門の心理学を活かして、知能指数を伸ばす教室を120くらい作りました。

(4) 戦没者慰霊
かつて所属した歩兵第62連隊の戦場、中国・フィリピン・ベトナム等の海外や、靖国神社は勿論隊員の出身県の護国神社等で戦没者の慰霊事業を行っています。かつてのベトナムの駐屯地に、小学校建設資金を寄贈したこともあります。
    

1.ステビア(Stevia)とは

ステビアは南米パラグァイとブラジルの国境地帯、標高500m前後に自生するキク科の多年生草本です。
わが国へは昭和45年頃パラグァイからもたらされ、農林省の実験により日本全国何処でも、栽培できることが証明されています。

ミネラル、ビタミン類をバランスよく含んでいて、抗酸化作用があり、免疫力を持っている素晴らしい「植物の王様」です。

私は当時の農林省から一本の立派な苗と、65ページの貴重なデータを入手し、以来ずっとステビアの栽培を研究してきました。

2.ステビアの特徴

発ガン性を持つといわれる化学甘味料サッカリンやズルチンに代わり、東京オリンピックの頃に注目を浴びたステビオシード(SUTEVIOSIDE)は、砂糖の300倍甘く、熱量は4Cal/gで砂糖の約90分の1です。

ステビオシードはアルコール、エーテルなどの溶剤によって精製される白色の粉末です。

普通のステビアの甘度は、葉の部分が6−7%(私が栽培しているものは13−14%)、茎の部分が2−3%です。

ステビアの葉を煎じた液には糖尿病に対する薬効があることが、パラグァイのミケル博士らによって国際糖尿病学会に報告されています(1970年8月)。しかし医者の90%はこのことを知りません。


3.ステビアの用途

パラグァイでは薬用(糖尿病薬・健胃剤・精神的疲労の強壮剤・二日酔薬)として、乾燥薬の粉の小袋入れ、粉を固めた錠剤、葉茎の浸出液を濃縮したエキス状などの形で、薬局で市販されています。
また煙草の甘味料として北アメリカなどへ輸出されています。

ステビオシードの主な用途は、コーヒー、紅茶、健康飲料(一番早かったのはポカリスウェットで、12年位前)、食品、菓子などの甘味料です。最近では漬物、チューブに入ったわさびなどにも使われています。

葉茎の乾燥品は、そのままの形で梅酒、漬物などの味付けに使用し、煮詰めた濃縮液は瓶に入れて保存し、糖尿病、アトピー性皮膚炎などの予防、治療あるいは煮物などに使用します。

ステビアの人に対する効用には、次のようなものがあります。
糖尿病、アトピー性皮膚炎、二日酔、高血圧、肝臓病、風邪、癌、O−157菌・ピロリ菌の殺菌、ヒスタミンの解毒、虫歯、湿疹、化粧品(シミ、ニキビ)、各種甘味料(健康飲料・食品・漬物・菓子など)

ただし160種類余りのステビアの中で、人の病気に効くものは数種類しかありません。
ステビオシードは、病気には効きません。

ステビアの主な用途としては
健康飲料分野、医療分野、化粧品分野、食品分野、農業分野(果物・野菜・米など)、畜産分野、最近は魚の養殖(育ちが非常に早い)などにまで拡がっています。

4.ステビアの成分

ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、βカロチン、ナイアシン、ビオチン、カルシウム、リン、鉄分、カリウム、亜鉛、ナトリウム、マグネシウム、プロテイン、パントテン酸、酢酸、乳酸、葉緑素

ミネラルとビタミンを、豊富にバランスよく含んでいるのが特徴です。

5.栽培方法

種子からの発芽率が悪いので、育苗法(挿し木)で栽培します。
東京付近では6月初旬頃、25cm位に伸びたところで、先端から葉数4枚か6枚(対生)を切り取り、挿し木します。

切断した下部は向かい合った2枚の葉の部分から、分枝の茎が2本乃至4本になって伸び、1ヵ月で皆さんに配布可能なまでに育ちます。
経験上25℃が適温です。従って北海道や沖縄は適しません。

土は何でも大丈夫ですが、一例として黒土50%、赤玉土(鹿沼土)40%、腐葉土10%位がよいです。

苗の間隔は10cm位がよく、65cm(内径60cm)×23cm(内径18cm)のプランタに、6株×2列=12株を栽培します。
私は家では、プランタを36個位並べて栽培しています。


一回目の収穫は、8月下旬頃背丈が70cm位になった時、地上15cm位のところで切断します。
二回目は11月下旬頃、地上5cm位のところで切断します。

収穫したものは、茎を4cm位に切断し、水洗いしてから天日でよく乾燥し、ポリ袋などに入れて保存します。
5層の袋に入れて保存しますので、いつまでも腐敗しません。

一株の平均収量は、乾物として葉部10.0g、茎部12.4g、地上部計12.4gです。

ステビア栽培上の注意事項

@ 茎が細くて倒れやすいので、風の強い場所をさける。まわりに支柱を立て、紐を張るなどして倒れないようにする。

A 多年生(宿根)であるから霜柱などによって根が凍らないように注意する。寒い冬にはフレームに入れる、ビニールで霜よけをする、木の葉をかけるなどして凍結をさける。

B 寒冷地の場合は実生のみにし、収穫は年一回とする。

6.糖尿病

糖尿病そのもので亡くなる人はあまりいませんが、四大合併症(神経症、網膜症、腎臓症、壊疽)があります。

先ず神経症、小渕前総理は脳梗塞で亡くなりましたが、脳梗塞の45%は糖尿病が原因です。村田英雄さんが罹った壊疽も糖尿病の合併症です。

日本には現在約700万人の糖尿病患者がいると見られ、さらに予備軍が1400万人、40歳以上の4人に1人は糖尿病です。
網膜症で失明する人も多く、糖尿病は非常に怖い病気です。
両親とも糖尿病の場合、子供の50−70%が糖尿病になります。

糖尿病に罹ると、男性では10−11年、女性では15−16年寿命が縮まるというデータが医師会から出ています。

6年ほど前、私は風邪を引いて1ヵ月歩けなかったことがあり、空腹時血糖値が240に上がってしまいました。これはいけないと思い、10年以上たくわえた古いステビアを毎日、2グラムずつ煎じて飲んだら、1ヵ月半で正常値の108まで下がりました。

7.その他の効用

(1)アトピー性皮膚炎
ステロイドは副作用がありますが、ステビアは無害で、飲んだり塗ったりして、治療あるいは予防することができます。

(2)風邪、癌、二日酔い、煙草の害

(3)0−157菌の殺菌にも効果があることが、2年あまり前にわかりました。

(4)サルモネラ菌の殺菌、ヒスタミンの解毒

(5)ダイオキシン灰の分解
ダイオキシンを含む焼却灰に、ステビア抽出液(50%希釈液)をかけて、ダイオキシンの毒性を96%減少させることができました。現在実用化を研究中です。(住友化学分析センター)

(6)エイズウィルスの抑制作用があることが、2年前の4月7日アメリカのサンヂェゴで発表されました。

8.参考資料

T ステビア

・文献
 「ステビアの神秘
  著者  佐藤直彦      アドバイザー   鶴 純明
  発行所 叶ツ春出版社    発行  1999年6月5日

 「日本食糧革命
  著者  佐藤直彦      監修       竹内昌昭
  発行所 潟vレジデント社  発行  2000年8月28日

 「ステビアパワー革命
  著者  宮崎隆典      編者       佐藤直彦
  発行所 潟_イヤモンド社  発行  2000年9月14日

・研究所・研究者

株式会社JBBステビア研究所
埼玉県浦和市中尾970−15  電話 048(874)6151
(家畜、米、果物、野菜、水産等)     代表取締役 佐藤直彦
ステビアの濃縮・発酵・更に熟成したもの
1ヵ月分約11,000円、私(細川)の紹介の場合は約8,600円

株式会社JBBステビア茨城
茨城県北相馬郡利根町      電話 0297(60)3088
(町興し)        代表者 若泉隆志  責任者 蓮井近一

ステビア研究家 細川俊介    電話 03(3594)2368
(ステビア栽培 28年)

U 磁化水

 高密度の磁束により水分子の集合体(クラスター)を小さくすると、浸透力、洗浄力、溶解力、浄化力の高い水(磁化水)が得られる。

 この磁化水は糖尿病、アトピー性皮膚炎、動脈硬化症など様々な病気に効果がある。
 磁気イオン水器約84,000円(半永久的に使用可能)、私(細川)の紹介の場合10%引き。
 発売元 株式会社LCC 渋谷区代々木1-10-7 電話03−5351−5481

V カイアポイモ

 昨年7月の第60回全米糖尿病学会のポスターセッションで紹介され、注目をされた。

 カイアポ芋はブラジル・カイアポ山地に自生する白甘藷の一種で、糖尿病や高血圧など生活習慣病の治療や予防に優れた効果がある。1ヵ月分約13,000円位である。

・文献 「糖尿病に効くカイアポイモの奇跡
     著者 崎浜秀夫  監修 久保 明
     発行所 東林出版社  初版発行 2000年3月9日
・販売元 富士産業株式会社
      香川県丸亀市田村町1301 電話0877−25−3111

W メーハーリ・ハーブ(高山の深山植物)

 4000m以上の高山に生えるハーブ、インドでは五千年前から使われている(「アーユルヴェーダ」インド伝承医学)。

糖尿病および合併症の予防、糖尿病ストレス防止などに効果。
1ヵ月分約24,000円
・販売元 アーユル糖尿研究所
      埼玉県大宮市土手町1−1−4 和幸ビル5階
      電話 048−649−0071

X 天仙液

 末期ガンに克った中国認定第一号の抗ガン薬
 有効率80%以上、副作用なし(アメリカ国立ガンセンター)

・文献 「ガンとの戦いに克った
     著者  王振国
     発行所 株式会社日本医療企画
     発行  1999年3月20日

あとがき

今日は恐ろしい糖尿病の予防や治療に、優れた効果があるステビアの講演に加えて、特に長年集められた貴重な資料、磁化水、カイアポイモ、メーハーリ・ハーブ、天仙液についてもお話して頂き、まことに有難うございました。

お話を聞き終え、あらためて細川さんのエネルギー、頭脳の回転の速さ、記憶の確かさ等に敬服しました。
細川さんの、一層のご健康とご活躍をお祈りいたします。

− おわり −
文責:大野令治

会場写真撮影:橋本 曜
HTML制作・編集:大野令治