神田雑学大学 7月27日 講義

人付き合いと占星学


講師:市川 加代子



目次

(クリックすると該当の項に飛びます
ブラウザの戻るで目次に戻ります。)

占星学と人間
12星座の特徴
3/20〜4/20 牡羊座
4/21〜5/21 牡牛座
5/22〜6/21 双子座
6/22〜7/23 蟹座
7/24〜8/23 獅子座
8/24〜9/23 乙女座
9/24〜10/23 天秤座
10/24〜11/22 蠍座
11/23〜12/22 射手座
12/23〜1/20 山羊座
1/21〜2/19 水瓶座
2/20〜3/21 魚座
兄弟姉妹の守護星
12星座 ⇒ 36デーク
ホロスコープ
占い師は「人間が幸せになるため」のアドバイザー
相性(○=良、△=中、×=悪)
人間関係のアドバイザー



講師の市川加代子さん ★占星学と人間

「占い」とは吉凶を判断することですね。その語源は「裏を読む」、つまり 「真実を読む」という意味があると言われております。  占いにも、多くの方法があることは皆様ご承知の通りですが、なかでも 占星学は人類

史上に現れた最も古い学問の一つである天文学と密接に繋がっているため、 数ある占いのうちで高尚な占いとされています。  本日は、その占星学のお話をしていただきます。  講師は市川加代子様

です。  彼女の占星学との関わりは、門馬寛明の弟子の1人で、一時は本やテレビにも 出たこともあった母上(柳沢千代子)様の影響からだそうです。  傍で、門前の小僧のように占星学を聞きかじって育ち、真剣に母上の跡を 継ぐことを考えられたときには、すでに常識的知識は勿論、専門書でさえ難なく

理解できるくらいのレベルにあったそうです。  その母上様は、たくさんの人をみているうちに、人間の運命は占星学で7割は よめるものの、運命の通りだけではなく違った生涯を送る人たちに対する疑問を も
たれたそうです。  その人たちがどうして運命どうりにならないのか?  母上様なりに出した結論は、

「人生を真面目に真剣に努力して過ごす人、 また宗教などを信じた人は運命を変えることができる」というものだったそうです。  「水滴が石をもうがつが如く、人間の持つ意志の力は素晴らしいもの」と 市川加代子様は言われます。ともかく、うかがってみましょう。占星学のお話をです。

☆12星座の特徴= 一人ひとり誕生日を元に天球図(チャート) =

 よく、血液型のA、B、O、ABの4種類だけでも結構当たっていると言われますが、占星学では大きく誕生日別に12種類の分類をします。  しかし人間の運命が一人ひとり違うように人間は単に12種類だけでなくもっと複雑なものです。一人ひとり誕生日を元に天球図を作ると、その図はほとんど一つとして同じものはなく、かなり詳しい性格がわかります。でも、そこまでしなくても12種類の星座の特徴を知っているだけで違うものです。  ですから、最初にだれもが知っている12星座のお話からしましょう。

 * 3/20〜4/20 牡羊座(守護星=火星)(サイン=運動・火象・+)

 【火星の特徴】

 戦いの神、人間の男性的な要素を支配します。凄まじさ、積極性と精力を代表します。

 【牡羊座の性格】

 積極的で短気、勇敢で冒険的、進歩的な開拓者精神、負けず嫌いで勝負に対し元気な人で、神と人を恐れないというぐらい自信に満ちています。  言い換えれば、人間に対する理解力の不足、不十分さとも言えましょう。  自分と肩を並べて話しえるに足りる人物はなかなかいないとも思っています。  怒りやすさもこの星座の特徴の一つです。

  ジッと静まった生活ができない人で、猫が昼寝しているような安楽な中でさえ落ち着いていられない、何かしら危険と冒険を求める落ち着けない宿命の持ち主です。  公のところでは豪放で寛大な一方、家族身内に対しては物質的ないらざる消費は許さない自己中心家でもあります。  他人に頼みやってもらうことを待っていられず、自分で動いてしまいますが、人の嫌がることでも率先してやれる人です。  女性は、よき妻とも言えるかもしれません。  考えるより行動が先、でもとても義理堅いところがあります。

 ですから、単純な繰り返しの仕事は向いていません。  そして負けるときは目上からではなく手下、部下からの造反なのです。  この星座の人が気を付けることは、自制心と忍耐力を養うことです。それを持つことを心掛ければ成功が待っているでしょう。

 【牡羊座人との付き合いのポイント】

 負ける戦いにでも、この人は簡単には負けない人ですから正面から争いをしようとしてはいけません。自信に満ちた部分を刺激したりせず、そのプライドを傷つけてはいけないのです。味方についてくれたら頼りになる人ですから、そこを上手く利用すべきです。  自分と相通じる人、同感の人に助力を与えようとし、その代わりに報酬を求めるのではなく努力が認められれば満足する人なのです。  細やかな繊細さを望んでも無理です。この人は決して自分を卑下しないし、自分の弱みを見せないのです。  火のように燃え上がるのは早い一方冷めるのも早い、つまり裏のない人です。  そこを十分承知して付き合いましょう。

 * 4/21〜5/21 牡牛座(守護星=金星)(サイン=定着・地象・−)

【金星の特徴】

 調和と和合への意向、喜び、愛。感覚的美しい芸術のシンボルであるビーナスです。

  【牡牛座の性格】

 この星座の人の大きな特徴は粘り強さと、愛すべき憎らしさです。  普段は牧場で草を食べるおとなしい牛ですが、いったん怒ると闘牛の牛を連想させます。 つまり、怒りにくいがなだめるのもまた難しく、長期間の怨恨を持ち続けます。  外面は柔和な可愛い笑顔を見せますが、家ではとびっきりの我侭です。  世の中の汚濁に耳を貸さず、美しいことに目を向けようとします。  ですから、他人の噂話などを下劣と嫌い自分の品性を保とうとし、自分のことも他人のことも悪く言わないのです。

 人の悪を見ないで付き合おうとする姿勢は時に馬鹿にされることにもなりえます。  金星の影響は美しいこと、醜いことまた嘘や偽りに対してもとても敏感です。食べ物の味にも敏感だったりします。つまり高度な美意識の持ち主です。  官能的なものに弱いため、異性に心を惹かれることも多いでしょう。  定着星座だけに敏捷さはなく回りの人をイライラさせるほどですが、自己保存欲の強さは独断的、強情とも思われます。

市川加代子講師  【牡牛座人との付き合いのポイント】

 外面の可愛らしい笑顔の下になかなか気心を人に見せない頑固さのある人ですから、それを忘れると騙されることもあります。また、かなり嫉妬深く自分の両親さえそれを感じるとも言われ、所有物にとても注意深いのです。

 早く早くと急きたてても無駄ですが、スローモーながら確実に何かをやり遂げる力のある人です。この星座の人に早く結果を求めても無理だと知りましょう。  一方で慰安、休息は人一倍求めるタイプです。

 とにかく、注意すべきはこの人を怒らせないことです。怒ると手がつけられなくなりますから。でも快活で友情には厚い人です。  それを踏まえて付き合えば長期的には役に立つ人なのです。

 * 5/22〜6/21 双子座(守護星=水星)(サイン=変通・風象・+)

 【水星の特徴】  精神と輸送による伝達や知的方向を表します。知識や科学などの研究心があります。

 【双子座の性格】

 双子座は強弱二面の意志力をもつ人です。外見は親切、快活ですが、心はとても神経質です。つまり用心深く、おしゃべりですが自分の感情をなかなか出しません。  変通星座なので融通の聞く人、臨機応変で一見優柔不断な人に思われがちです。  また二つの仕事を同時にできる人でもあります。  知識欲があり思考力もあり、その弁舌力は力でねじ伏せるのではなく、説得力としてエスキモーに氷を売り、赤道直下の国にホットドリンクを売る人と言われるほどです。

 強い性格ではないのでボスのタイプではなく、部下、使用人の運はあまり強い方ではありません。  ギャンブルに天才的な才能を見せる人が時々います。これは双子座の人が色々な災害に遭いながらも神意のようなもので守られているとしか思われない面をもっているからでしょう。  男女ともセックスアピールが強いというのではないものの、もてるタイプに属します。が、その心はいつも冷静で冷たさを秘めています。恋に溺れるタイプではないのです。

 【双子座人との付き合いのポイント】

 リーダには向いていませんが、マネージャーにすればその才能が発揮できる人です。  知識の間違いを許せない人で、事件が過ぎてから非難したりするタイプですが、自分が怒ったことを後でとても後悔しますので根にもたないほうが良いでしょう。  和やかに世渡りをし、世の中の潤滑油的存在の人ですが、心の中はちゃんと計算していて騙されることは少ない人です。  やる事と言う事が違ったりするのは双子座の特徴ですが、計算高い悪気があるのではありません。

 * 6/22〜7/23 蟹座(守護星=月)(サイン=運動・水象・−)

 【月の特徴】

 敏感さ、神秘性、強い感受性、模倣性、母性的な保護性と、気まぐれを表します。  【蟹座の性格】  変化に富んだ人生で、想像力の豊かな人です。  なかなか気紛れな人で、用心深さ、慎重でいて打算的な面もあります。  短気なところもあり、独裁的で容赦しない強さもあります。  人間の性格に適応でき、その思想を吸収する力をもっています。  多くの友達を持つのですが、多くの友からの幻滅も経験する

でしょう。  表面は平和的、順応性に富み、野心的に何かの目的に向かいますが、ふとしたことで簡単に失望したりします。  この星座の特徴は何かの収集癖または、模倣力の才能です。  あれこれ手を伸ばし過ぎてどうにもならなくならないように心掛けなくてはいけません。 男性女性とも家庭を大切にする気持ちをもっています。  水象の星座であるため、目的に対し衝動的に計画は理路整然ともっともらしく やっているかと思うと、3ヵ月後の話題は全く違っていることがあったりします。 これは計画そのものに夢や

希望をもつのであって、いつも希望がなければ生きていけないと思う感受性があります。計画は蟹のようにたくさん生み出しますが、育て上げる力が足りない、つまり、思いの源泉が感情的でその情熱を持ち続けられず、情熱の衰えと共に目的への力もなくす傾向があります。  でも、口八丁、手八丁とはこの星座のための言葉のようであり、時折口数が少ないように見える人もいますが、話すことは無駄話が多く清潔なようで、どこか抜けていたり、暖かいようで底冷えのする夜のような感じといえます。

 【蟹座人との付き合いポイント】

 一見して頑健そうに見えるので強そうですが、それほど意志力の強い人ではありません。 情に弱い点があり同じ思想、仲間には保護的で、人を正面から倒そうとする積極的なものではなくむしろ横に避け後ろで笑うタイプです。  臨機応変に立ち回れる方ですから仲介的な立場に置くと人の和を作れる話術の 持ち主でしょう。  気紛れな人です

から生涯をかけ信じようとすると裏切られるかもしれません。  結構外見を気にして、人さえもその風采、表面で判断したりもします。  短気さは親しい人(家庭内)の中でよく見せるようです。  仲間の中にあれば親切ですが、敵に回すと極端に敵を嫌うタイプですので考慮しましょう。


 * 7/24〜8/23 獅子座(守護星=太陽)(サイン=定着・火象・+)

 【太陽の特徴】

 バイタリティと自己表現の力、健康、寛大さを表します。

 【獅子座の性格】

 宇宙の中心たる太陽に象徴される獅子座の性格は強さ、華やかさでありイメージは太陽そのものです。  公明で寛大、厳然とした誇り高さは横柄と見られるかもしれません。  秘密を嫌い、しばしば周囲に対する十分な与え主となる暗示があります。  華やかさを好みますが、獅子座ほど贅沢でケチな人はいないといわれます。  反面

寂しがり屋なところもあり、またその強さは粘りではなく何事に対しても 障害とは思わない強さです。  人に対する好き嫌いが強く、それは人からもその対象となる人です。  物質より名誉を重んじ、人目につかないところで地味に動くことは嫌い、

衆目の中で目立ち、人気や賞賛を求める気持ちの強い人です。  出世のために卑屈になってお世辞はいえないタイプで、他人の意志には動かされず、堂々としたところをもちます。  男は世の中に自分を誇示したがり、女は誉められても動揺しないが、自分が尊敬している人を批判されたり、嫌われたりすることをとても嫌悪します。

熱心に講義を聞く受講生  【獅子座人との付き合いポイント】

 仲間の中ではボス的な立場に立ちたがる人です。  短気ですがいつまでも怒りが永続きしないタイプです。とはいえ、 太陽に見放された人は陽光の当たらない植物のように撃ち倒される可能性が あるともいえます。  初対面の印象は一見素朴であまり嫌われないのですが、獅子座の交友関係は余り 長続きしないことが多いようです。  "貴方

は私の太陽よ"という殺し文句が一番効果を発揮する人であり、つまり権力、 名誉欲の強さを認識して、そのプライドを保ってやると、強い見方となって あなたを守る人になるでしょう。  裏に隠れて人の悪口を言うことはなく、人の悪口を聞いても信じない人で、 なるべく味方にして敵に回さないほうが得策といえるでしょう。


 * 8/24〜9/23 乙女座(守護星=水星)(サイン=変通・地象・−)

 【水星の特徴】

 精神と輸送による伝達や知的方向を表します。知識や科学などの研究心があります。

 【乙女座の性格】

 好き嫌いの強さは乙女座の特徴の一つです。  然し人間関係の中で潤滑油の働きができる公平さに満ちたセンスは世の中になくてはならないものです。  秩序を重んじ、詳細で知的なところは事務的処理能力をもつ人となります。  心はわりに頑固で、小さなことにも過大な重要性を感じ、緻密な神経を持つが 持続力に欠けるようです。  またいつも夢をもっていて、夢がなくなるとまた新たにつくり、過去をなかなか 忘れず、いつも反芻しています。  意志は強そうに見えますがそれほど強烈ではなく、意志力で生

きるというより信愛 する人々に対し感情的に服従するのであって、思いはいつまでも持続せず改心、 諦めの早さがあり、頑固というのではなく一つの思いを持っている間は人の忠告を 聞かない、頭から押さえつけると逆らう片意地なところがあります。  自分の未来に対して美しく、苦しく想像し、静かな家庭を求めながら多忙な職業人 として終わることが多く、データー収集や、整理の才能があります。  時として、両手を同じように使う器用なタイプだったりします。

 【乙女座人との付き合いポイント】

 外見は清潔好き、だらしのない格好はあまりしない人で、真面目で 緻密な所は批判的で口うるさいと見えるかもしれません。  世渡りは結構上手にこなしますが、リーダーになって人を支配したり使用人を 持つと疲労を感じるタイプです。  仕事やグループの中で乙女座の人は会計、経理などの事務能力を発揮する立場や、 潤滑油的立場に置くのが相応しいのです。  好き嫌いの激しさは、一度嫌いになるとなかなか気持ちが変わらないのでそれを 承知していなければいけません。  ある意味での完全主義者で、

人の不備を許せない感覚をもっています。  また自分のボスや目上の人を褒め称えますが、反対側の人を極度に貶すことが 多いでしょう。  悪く出るときは、物質的理由から人を利用し、信頼を裏切るときもあります。  でも、サービス精神はなかなかのもので、干渉されなければコツコツと1人で 人の目にさらされないところで努力するのが好きな人です。


 * 9/24〜10/23 天秤座(守護星=金星)(サイン=運動・風象・+)

   【金星の特徴】

 調和と和合への意向、喜び、愛。感覚的美しい芸術のシンボルであるビーナスです。

 【天秤座の性格】

 温和で時に野心的、自尊心、虚栄心、功名心など人間としての欲求がそろった 全体として釣り合いの取れた人で、何処に行っても羽目をはずさないバランス感覚は、 何に対しても偏りません。  お金を持っていてもない振りができ、実力があってもソフトに才能を出し、 好きでもそんな素振りをあらわにはし

ない人です。  その一方天秤座の人の内的な欲望はかなり強い方で、感情を理性で抑えているが、 結構簡単に怒ったりそのくせすぐ静まります。  理解力、記憶力に優れ、それは映画の看板を見ただけで内容を話してしまう 天性の感性のようなものです。  金星の影響から美しいものが好きで調和と釣り合いを重んじ、言ってみれば面食いで、 様々な人と付き合う術を持っていて外見に荒々しいところがありません。  歩きながらもモノを考える思考と行動のバランスのとれた人でありますが、 計算が速く損をしてまで

人に親切にはしないけちなところもあります。  頭を下げても心では笑い、知識は受けても自分の性格は変えない、悪人にもなりきれず、不合理を働いても自分を合理化する理論を持った人です。

 【天秤座人との付き合いのポイント】

 外見の温和さはありますが、人に使われていても支配者の心を批判しつつ、かなり激しいビジネスの取引などを度胸と駆け引きで渡り通す力もある人で、それは強烈な意志というのではなく、軽く起き上がる力を持っているからです。  長期間にわたる趣味を、ある瞬間見解が変わり別なものにさっと移すことがあり忍耐力、耐久力はあまりない。  たくさんの人との付き合いのなかで嘘と真の使い分けができる

人で、偏ることなく、曖昧に徹底することなく、人生を過ごすタイプだけに、絶対の信頼を期待はできないでしょう。気軽に飄々と世の中を渡ることができる人で、見た目は如才なく自分の思う壺に人の心を引っ張っていく魅力をもっています。  楽しいこと、娯楽に対する興味が強く遊び仲間としては楽しい人となるかもしれません。  お金には結構細かく、所有欲の強さもあります。


 * 10/24〜11/22 蠍座(守護星=冥王星)(サイン=定着・水象・−)

 【冥王星の特徴】

 排除、刷新、再建を司り、新しい事始を意味する。

 【蠍座の性格】

 度胸があり、態度は無愛想だが、結構楽天的で忍耐力がとても強い人です。  大胆に闘争的ではありますが、争いの損を知っている洞察力の持ち主でもあり、 策略的にしぶとく謀略を使いますが、外見的には温和さを持った人と見られがちです。  頑固そうに見せないものの、自己主張を貫く持久力、忍耐力を持っていて、 やたらと喧嘩には加わらず身のかわし方が上手で、人と争うことは心を煩わすだけ損

だという淡々とした性格で目的が定まらなければ行動を起こさない人です。  疑問への挑戦や、調査探究心があるが話術、社交性にかける傾向があり秘密主義者で なかなか人に本心を見せないかわり、人に対しても小うるさいことを言ったりはしません。  嫉妬心もかなり強く、愛に対しては真剣に、一心かけてする人で、軽い情事を楽しむ のではなく恋人に対して全てを求めるタイプです。  性的なものに対する

関心は多分人並み以上かもしれません。  つまり疲れを知らない性質は感情の強烈さ、深刻さで、敵に対する嫌悪感も強く 容赦しない烈火のごとき気性です。  目立たない心の中に野心を秘め、明らかに自分の存在を示すわけでもないが、 どんな人でもたとえ神でも恐れを知らないという気持ちさえ持つ人です。

 【蠍座人との付き合いのポイント】

 敵に回したらとても怖い人になるでしょう。  一度怒らせると蠍の持つ毒と陰性の力を発揮し、相手の精神中心を目当てに倒したり、 または相手の手の内を見抜き最後に弱点を見つけものすごい打撃を与える人です。  つまり洞察力は優れたものをもっています。  コツコツと研究したり、物事の秘密な部分を見極めたい思いをもち、 積極的に表舞台に立つよりは、裏方としての役目のほうが向いている タイプといえましょう。  あまり喜怒哀楽を露わにせず、普段は口数の少ない人に見え、 何かが起きても動じたり

はしません。  なかなかセックスアピールの強い人で、恋人としては誠実さが期待できますが、 態度は無愛想で粗野に見えるかもしれません。  蠍座の人は自分は意志の強い人間とは思っておらず、だからといって 弱いとも思っていない、積極的でない防御的なタイプで、仕事もそれほど 苦痛と思うことなくできるのです。  芸術的な才能をもった人、神秘的なことに興味をもつ人などが多いようです。


 * 11/23〜12/22 射手座(守護星=木星)(サイン=変通・火象・+)

【木星の特徴】

 成功、寛大、膨張性、幸運、楽天性を表します。

 【射手座の性格】

 射手座の人の一番の特徴は自由を大切にすることです。  自分自身が束縛されたくないので他人に対しても干渉しません。  伝統を重んじたりせず、人真似や思惑、過去にはとらわれないタイプで、 現在があるのみ、過去も未来も考えることなく、今の自分の要求が満足で あれば良いと思うのです。  また非常に違った二つの性格によって支配されています。  一方は外交的、他方は内向的で、臆病になったり

勇気と冒険をもつ複合体です。  図太く無頓着で大胆不敵なところがありながら、感じやすさ、内気、 感受性の強さをもち、一見態度はぶっきらぼうか、無愛想だったりします。  行動は冷静とはいえないが直感力に優れ、人生の新しい考え方には容易に 同化できる進歩的、開放的な人です。

 【射手座人と付き合いのポイント】
 束縛を嫌い、自由を愛する人ですから、この人に命令をして動かそうと思うのは 間違いだと知りましょう。  話し合い理解さえあれば気持ちよく動く人なのです。  射手座の人はある種の二面性を持っている人です。  一方は外交的、他方は内在的、または図太く無頓着で大胆不敵な一方、 感じやすさ,内気,感受性の強さを持っていたりします。  態度は一見ぶっきらぼうに見えますが知的な明晰さ繊細さがある

人なので、 外面に惑わされないようにしましょう。  リーダーを任せればその責任を満たす力はもっています。  ただ元来持つ楽天的な部分に隙があります。  自分自身を飾ろうとする気持ちはなく、むしろ虚栄心をひどく軽蔑する人です。 お洒落をしても完璧にはならず、何処か隙があるのです。  小手先の言葉では騙されない知的な人ですが、ある部分我侭な部分を持っています。  ともかく裏のない人です。ただし、下僕の生活に甘んじられないことを知って 付き合っていかなければならないでしょう。  仕事に忙殺されるとき、かえって勘が冴える人なのです。

 * 12/23〜1/20 山羊座(守護星=土星)(サイン=運動・地象・−)

  【土星の特徴】

 天の事業部長と言われます。終了、訓練、遅延、困難の克服を表します。

 【山羊座人の性格】

 山羊座の人は誠実で用心深い人です。  それはどちらかというと若年期はあまり幸運には恵まれにくい傾向にありますが、心の中にいつも大望を持ち、目的のためには屈しない辛抱強さと強い気持ちをもっています。  ですから、概して壮年期,晩年に成功を見るでしょう。  予定や計画には立派な判断力をもち、希望達成のためあらゆる犠牲を 払うことのできる人です。  長となっても部下を信頼しない傾向があり、それは本性にどこか物事を 客観的に見る人で、自分の心を見透かされるのが好きでないある種孤独な人ともいえます。  心の底から友と喜び合う談笑にかけがえのない幸せを感じているわけではなく、

未知の人の前では無口ですが、友人間では雄弁だったりするかもしれません。  女性の場合、主婦として申し分のない働き者として、時間を浪費しないで 動き回る勤勉さをもつ人が多いかもしれません。しかしロマンチックな情緒を願うと失望があるでしょう。山羊座の人には外交的で華美な世界はあまり向きません。

 【山羊座人との付き合いのポイント】

 始めはなかなか付き合いにくい人です。  なぜなら自分の心は決して他人にはわからないと思い、何事にも溺れず冷静な人だからです。絶対的な信頼を向けると裏切られることがあるかもしれません。  喧嘩っ早いところもある人です。  控えめに、いい加減そうに外見は見えても、ちゃんと計算をする人です。  人を使わず、人に使われないことが山羊座の人には理想です。しかしたゆまず 向上しようという気持ちは決してなくさず、専門的想像力に長けていて、 どんな困難にも耐えうる辛抱強さを持っている人と

認識しましょう。  粘り強さを必要とするそんな役目のなか、ある程度の責任ある立場に置けば、 秩序に対し忠実に守る本性があるので、組織の中で実務的な役を立派にやり遂げる ことができる人です。  セールスマンのような仕事は心の底から笑顔を作ることはできないので 向いているとはいえません。  どちらかと言うと何処か暗さが抜けきらないタイプでしょう。

 * 1/21〜2/19 水瓶座(守護星=天王星)(サイン=定着・風象・+)

【天王星の特徴】

 変化、革新、組織の理解、発明と創造、新たな前進を表します。

 【水瓶座人の性格】

 本性は風の如く淡白な人ですが、世界の知識人の80パーセントは水瓶座といわれる くらい高い知性をもつ人です。  独創的、弁舌にも長けていて弾力ある浮揚性と元気な温情に満ちた精神の持ち主です。  知識に対する飽くなき願望をいつももち、能力の蓄積のための準備を陰に隠れても やっていて、時に鋭い発言や行動で回りの人を驚かせたりします。  感情に流されない冷酷な部分がありますが、厭世感や

人間嫌いからくるの ではなく、 生来の孤独の傾向があるからです。  小さいころからわりと早熟で、物事を批判する目を持ち、人の心の奥底を探ることに 興味を持ったりします。  人生的に地位や財産に嫌われている訳ではありませんが、そこに到達するまでに 不確実だったり、中途の挫折感、障害に出会うことが多いかもしれません。  また財政的な部分で陥りやすい欠点は、貯蓄より消費してしまうことです。

 傍にあるお金はつい使ってしまう傾向にありますから、余分に持たないか、 あるいは後に価値の増えるようなものに使うか、知識の為の本や道具(ツール) のために使うようにしましょう。  水瓶座の人は二つの以上の所得の源泉を持つことが可能です。  旅行が好きな人、つまり家にじっとしていないで外に出たがる傾向があります。

 【水瓶座人との付き合いのポイント】

 自分の考えに対しては頑固なところをもっていて、社交的に他の人の話を聞いて いる素振りで頷いていてもその心は閉ざしています。  社会の中で組織的な指導者の役目を充分こなす力をもつ人で、ハイクラスの 人との交流のチャンスを逃さない才覚がありますが、敵を持つことも多く、 天王星の特徴を反映しその敵や事態の変化が急激にくる場合が多いでしょう。  物事に対して偏らず平均的・理想的な判断

ができるタイプですが、 自身の行動や言葉は型にはまらず、革新的なものをもつ人です。  また豊かになってもどこかで貧乏性な部分をもち、何か秘密をもっていて決して 人には見せたがりません。  心のどこかに放蕩の気持ちを秘め、表面は謹厳実直そうに振舞う人です。  平均的な道徳心や習慣を心から尊ぶほうではなく、何処か風変わりな部分がありますが、その説得力は自由な智恵の力で多くの人を納得させる力をもっています。

 * 2/20〜3/21 魚座(守護星=海王星)(サイン=変通・水象・−)

  【海王星の特徴】

 ビジョン、神秘・霊的、理想と現実のギャップ、夢を表します。

 【魚座人の性格】

 感じやすい、正直で信じやすい人です。  強気・弱気の二面が常に交錯し、意志はそれほど強くはなく情に脆いところがあります。  正義感というより、悪いことをしないという事が大切だという少し幼稚といえる感覚で、日頃の行いに関しても自分の素朴さを表したがる傾向があります。  その社交性は孤独を避けたいという意志が作用するためで、 相手を心から憎むことはできず、相手からも憎まれないそんな

部分をもっています。  言い換えると、時には騙されやすいともいえ、用心深く行動しようと思ったりします。  もって生まれた寛大な心は人の苦労や災害に対しそれを喜ぶ気持ちなどなく、むしろつい助けを出したい気持ちになる優しさがあります。  家族以外の人に対しても良く面倒を見る心があります。  魚座の人に必要なのは、感情に流されず物事をやり抜く強さ、悪を見抜く洞察力です。  また全てのものに対する興味が常にあり、理解力も優れています。  二業以上を同時にできる才能があります。

 【魚座人との付き合いのポイント】

 リーダーに適した人ではありません。  人を使うより人に用いられる中で何かを築きあげる力があるのです。  理性で動く人ではなく感情がまず先に立ってしまいますから、喜怒哀楽が あるときは大げさに出てしまい、嫌なことは意志の力ではできないタイプなのです。  単独で動くより、群れをなしていたほうが

安心だという思いがあります。  勇敢さや強さはこの人に求めても無理で、争いを自らしようとはしませんし、 怒り易くもないのですが、いったん怒ると激しさもあるとはいえ、 その報復の形は何処か美しさを感じさせる不思議な人です。  ボランティア精神に溢れ、何処か教育的な方面に人を導きたいという心をもった人です。

☆兄弟姉妹の守護星

これから補足・解説的にいろいろなお話させていただきますが、 それにしたがって占星学の中身も段々絡み合って複雑になってまいります。  でも、それは「占星学が、そう単純ではないんだ」、言い換えれば 「人間は、単一ではないんだ」というつもりでお聞きいただくだけで結構だと思います。  先ず、以上のように守護星は10種類あります。  その中で、金星は牡牛座と天秤座と、水星は双子座と乙女座と重複しています。  この場合、二つの星座は兄弟姉妹同士みたいに性格が似ている部分をもって いますから、注意しましょう。

1. 火 星   牡羊座
2. 金 星   牡牛座・天秤座
3. 水 星   双子座・乙女座
4. 月     蟹 座
5. 太 陽   獅子座
6. 冥王星   蠍 座
7. 木 星   射手座
8. 土 星   山羊座
9. 天王星   水瓶座
10. 海王星   魚 座


☆12星座 ⇒ 36デーク

 さらに、同じ星座を誕生日によって、3つ(3デーク)に分けることもできます。つまり36種類になります。それでは、人はまた違った星座の性格の影響を受けています。  したがって、第1デーク以外の人は他の星座の項目を読むことが必要になります。

牡羊座
第1デーク(牡羊座)  3月21日〜3月31日
第2デーク(獅子座)  4月1日〜4月10日
第3デーク(射手座)  4月11日〜4月20日

牡牛座
第1デーク(牡牛座)  4月21日〜4月30日
第2デーク(乙女座)  5月1日〜5月10日
第3デーク(山羊座)  5月11日〜5月21日

双子座  
第1デーク(双子座)  5月22日〜5月31日
第2デーク(天秤座)  6月1日〜6月10日
第3デーク(水瓶座)  6月11日〜6月21日

蟹 座  
第1デーク(蟹 座)  6月22日〜6月30日
第2デーク(蠍 座)  7月1日〜7月10日
第3デーク(魚 座)  7月11日〜7月23日

獅子座  
第1デーク(獅子座)  7月24日〜7月31日
第2デーク(射手座)  8月1日〜8月11日
第3デーク(牡羊座)  8月12日〜8月23日

乙女座  
第1デーク(乙女座)  8月24日〜9月2日
第2デーク(山羊座)  9月3日〜9月11日
第3デーク(牡牛座)  9月12日〜9月23日

天秤座  
第1デーク(天秤座)  9月24日〜10月2日
第2デーク(水瓶座)  10月3日〜10月12日
第3デーク(双子座)  10月13日〜10月23日

蠍 座  
第1デーク(蠍 座)  10月24日〜11月1日
第2デーク(魚 座)  11月2日〜11月11日
第3デーク(蟹 座)  11月12日〜11月22日

射手座  
第1デーク(射手座)  11月23日〜12月1日
第2デーク(牡羊座)  12月2日〜12月11日
第3デーク(獅子座)  12月12日〜12月22日

山羊座  
第1デーク(山羊座)  12月23日〜12月31日
第2デーク(牡牛座)  1月1日〜 1月9日
第3デーク(乙女座)  1月10日〜1月20日

水瓶座  
第1デーク(水瓶座)  1月23日〜1月29日
第2デーク(双子座)  1月30日〜2月8日
第3デーク(天秤座)  2月9日〜2月19日

魚 座  
第1デーク(魚 座)  2月20日〜2月29日
第2デーク(蟹 座)   3月1日〜3月9日
第3デーク(蠍 座)    3月10日〜3月20日


市川加代子講師 ☆ホロスコープ

 さて、占星術で占うには、その方の誕生日や時間が必要になります。  それをから、私たちはチャートを作成します。  そして、そのチャートを解釈しなければなりません。  このチャートを解釈するためには、占星学用語を理解していなければなりません。  たとえば、「運動」「定着」「変通」の三特徴、「火象」

「地象」「風象」「水象」の四元素や、「惑星」「アセンダント」「ハウス」「アスぺクト」などです。  ここでは、その一つひとつの内容についは申し上げませんが、三特徴と四元素に軽く触れて、どういうものかだけを知っていただければ結構です。

 ※「運動」のサインとは、出発、主動力の意味で、積極的、活動的、改善意欲と上位の支配精神を表します。

 ※「定着」のサインとは、抵抗、原動力の意味で、不動と忍耐力を表し消極的、持久的、一定の方針の目的を変えない頑固に見えるタイプです。

 ※「変通」のサインは、適応、実務力の意味で、受動的、女性的、神経過敏で周囲の影響を受けやすく平和的です。

 *「火象」とは、灼熱と鋭利さがあり、精神を表します。

 *「地象」とは、現実性と慎重さがあり、物質を表します。

 *「風象」とは、人の精神力や思想を表します。

 *「水象」とは、女性的、消極的な情緒を表します。

 要するに、「火」は「水」に消され、「水」は「火」によって沸き立たせられ、「風」はそれを蒸発させ、「地」はそれを修める。「火」「地」「風」「水」の四元素は、このようなバランスになっています。 こうした用語を理解した上で占う相手のチャートを解釈して、その方にアドバイスするわけです。



☆占い師は「人間が幸せになるため」のアドバイザー

 占星学もそうですが、占いにおいて、自分自身の思う性格と傾向があまり ぴったりでないと思う人がいるかもしれませんが、それは当然です。  なぜなら、占星学では誕生日の示す星座はその場所に太陽がきた場所ともいい、 その太陽が人間の性格に影響を与える部分は大きく見ても約30%と見ます。 (この場合の太陽は表中の守護星の太陽とは異なると思ってください。)  人により星座の性格が顕著に出る人もいれば、自分を変えたいと思うときや、 なかなか本心を見せようとしないスタイルの人もいます。

 でも全く違った性格にそう簡単には変われないものですし、 いくら隠したとしても行動のどこかにその性格の色がにじみ出てくるものです。  たとえ30%でも全くわからないより良いに決まっています。  もしも生まれた時間と場所のデーターを元に詳しく天球図を作り性格や 運命の判断をしたとしても、占星学の当たる確率は70%だと言われています。  残りの30%は人間が生きていく時間の中で意志の力、気力,精神力によって 運命を違う方向にもっていく可能性を認めるからです。これが占星学、占いです。

 ところで、たくさんの人が、占いに興味を持ってちょっと勉強したり、 本を読んだりしますが、いい加減にかじった人が殆んどです。しかも、そういった人たちが一番簡単に覚えたりするのは、「こういうことは悪い、不運だ」とかいうものです。  ところが、不思議なことにこのようにちょっとだけ勉強した人は 不幸だけは当たる(?)のです。困ったものだと私は思っております。  学校の先生を考えてみましょう。

 生徒の悪いところだけを見つけて叱る先生と、良いところを見つけて 生徒を伸ばそうとする先生とどちらが良い先生でしょうか?  明らかに、後者のほうが良い先生と同じように、本当の占い師は人の不幸を 言い当てるのではなく、人のためになる言葉を話せるつまりその人の 良い所を見つけ延ばすようにといったり、たとえ不幸な出来事が 起こりそうだとしてもその回避の方法や時期などについてちゃんと 話せる占い師が良い占い師というか本来あるべき占い師の姿だと思います。  ですから、皆さんも占っても

らったとき、悪いことを言い当てたり、 話を聞いて元気を失うようなそんなことしか言わない占い師だったら、 たいしたことがないと思ってください。勿論、人生は良いことばかりありませんから、 時に悪い時期に当たり運命が落ち込んでいるときもあります。  でも、本来占い師はそんなとき、その解決方法を示唆できたり、 幸福な気持ちにさせることができなくてはならないと思います。  良きアドバイスができる占い師こそが、あるべき姿だと思います。

☆相性(○=良、△=中、×=悪)

その良きアドバイスのひとつとして、人間関係、相性の問題がありますね。 良好な人間関係を考えるために、占星学における相性を参考のためにご披露しましょう。

相性(○=良、△=中、X=悪)



















 繰り返しますが、占星術で判るのは、その人の性格、運命の方向性、可能性がわかるだけで、人間の運命は生まれたときに決まったものという考えのもとにあるのではありません。人間一人ひとりの将来の具体的ではないアバウトな方向性だけです。  しかし迷ったとき、その方向性さえわからないことが多いのが人間であるがゆえに、その方向性だけでもアドバイスすることにより少しでも気持ちが楽になり、新たな気力をもって生きていくようになれたらと心から願っています。

(拍手・拍手・拍手)


★人間関係のアドバイザー

いかがでしたか。  市川様は小泉総理誕生を予言した占星術師です。  話のなかにありましたチャートを作成して、投票日が「小泉候補にとって強運の日」 と解釈されて予言されたのです。  他にも、市川様は事件が起きるとチャートを作成されているそうです。勿論、 事件の原因、犯人などを予想するためです。市川様の話によるとたいていの事件の メドをついているそうですが、無論ここでは影響がありますか

ら、 絶対申し上げられません。 さてさて、わが国では「占い」は、太古から行っていましたが、 事象の吉凶を判断するに留まっていました。  それが、鎌倉期に盲目の琵琶法師たちによって『平家物語』が語られる ようになり一変しました。というのは、『平家』が流行したのは、物語の主題が 「人間の運命」、「個人の人生の流転」にあったからです。言い換えれば、 私たち日本人は鎌倉期に「運命」ということを知り、

「個人」として 目覚めたとも言われています。  占いも、事象の吉凶を越えて、個人の運命をよむ方向へと変わってきたことは、 今日の市川様の話のなかで十分に読みとることができました。  すばり一言で言えば、「占い師は、人間が幸せになるためのアドバイザー」 だということです。  昨年の10月6日に講義されました長谷川順音様の「名字で決まる人間関係」も、 本日の「占星学から見た相性」もアドバイスの心算で耳を傾けたいものですね。  なお、今日の講師の市川加代子様の本業は、実は歌手です。  四谷

の「蟻ん子」(新宿区四谷2-14 小林ビル)に行けば、彼女に会うことができます。 近々の、第17回がライブは9月12日(水)19:00〜 です。この日はプレスリーの アメリカン・トリロジーを含めた美しいラブバーラードをご披露されます。  また、第18回は11月14日に予定されています。                          さらに驚くべきことは、今年の5月25日の「ピアカウセリングで豊かな人間関係を」 の柳沢淳子様は、今晩の講師の市川加代子様の実姉に当たられるのです。 驚嘆すべき姉妹ですね。

市川加代子(カコ)さんのホームペジはhttp://village.infoweb.ne.jp/~singkako/

 
ーおわりー

(文責:ほし ひかる)


会場写真撮影:橋本 曜
HTML製作:和田 節子