神田雑学大学9月7日講義録

このページをご覧になった方へ
皆様のご意見、ご感想、ご要望、 など、を 談話室にお書き込みください。

東京・盛り場物語(パートU)

講師:橋本 曜

目  次

(クリックをすれば該当の項へ進みます。
ブラザの「戻る」ボタンで目次に戻ります。)

講 師 紹 介


盛り場ブルース


世界の東京、日本の東京


五大繁華街に、何処から来るか


五大繁華街の特徴

1.渋谷 2.新宿 3.銀座 4.池袋 5.浅草


★ ああ、東京!


講師のご紹介
「東京盛り場物語」の橋本 曜さんは、当教室の専任カメラマン(?)で、毎回見事な会場写真を提供して頂いております。  今回は8月24日の第1回に続いて第2回(パートU)として、サラリーマン時代の実体験をもとに、六本木、池袋、新宿、渋谷など東京の代表的盛り場のお話をして頂くことになりました。  実体験に加えて、インターネットや官庁の資料で万全の調査をし、更にあらためて実際に歩いてみてこの講義に備えていただきました。受講生の皆さんの中にも、東京の盛り場について、いろいろな体験をお持ちの方が多いでしょう。  皆さんも、この「盛り場物語」をもとにして座学から実地研修へと発展させてみてはいかがでしょうか?

★ 盛り場ブルース昭和43年ごろ、森進一の「盛り場ブルース」という唄が流行っていました。中年以上の人間にとっては懐かしい唄です。
昭和43年というのは、日本の経済が高度成長を始めて間もなくのころでしたが、そのころの銀座・新宿・池袋などの盛り場には、哀愁とロマンが漂っていました。
「盛り場」というのは、「盛り」というぐらいですから賑やかな所のことです。元々は、有名な寺社の境内や門前、市が立つ広場、あるいは見せ物や芸能が興行される広場・河原などが盛り場でした。それが、人が集まって来る所には飲食店や色町ができて賑わい、歓楽・風俗・流行・情報の中心地となって発展していったのです。
 都市化した現在の繁華街というのは交通の要所であることが不可欠です。そこにはデパート・ショッピングセンター・アミューズメントセンターなどの施設が集まっています。
 それではこれから「東京・盛り場物語」(2001年8月24日)の続編として、盛り場・繁華街の特質を各種データから語ってもらいましょう。★ 世界の東京、日本の東京 東京には、各地からたくさんの人が集まっていますから、「東京は、東京であって東京でない」などと言います。
特に人が多く寄り集まって、賑やかな場所(広辞苑)を「盛り場」と言います。言い換えれば「盛り場とはエネルギーを集め、発散する所」でもあります。
その盛り場は、東京では山手線内に集まっています。
たとえば、箱物の街と呼ばれる池袋、学生の街・高田馬場、世界一の飲酒街・新宿、世界に通用する女性がつくった街・原宿、日本一情報発信量が多街・渋谷、日本の代表・銀座、江戸時代のシンボル・日本橋、電気街・秋葉原、北の玄関口の上野・御徒町です。
線外としては、最古の盛り場・浅草などがありますね。 ★ 五大繁華街に、何処から来るか そのうち銀座・新宿・渋谷・池袋・上野浅草は五大繁華街と呼ばれていますが、そこに何処から来ているのか、の調査結果が下図です。
質問は、1)都内23区から来ているのか
2)都下および東京隣接県から来ているのか
3)その他の地域から来ているのかで訊ねています。
圧倒的に首都圏ですね。ただ、上野浅草だけが、その他の地域から来ています。




★ 五大繁華街の特徴 では、五大繁華街の特徴を他のデータ(東京都の平成13年3月調査報告書「東京都における繁華街利用実態調査」)から見てみましょう。

1.渋谷  他の繁華街に比べて初めて来た人が6.2%と多いが、その他の地域から来た人も14.4%と多い。       「遠方(2時間ほどかけて)から、渋谷の雰囲気を味わいに、月に1回程度遊びに来る」という若い人(学生中心)が多い。       情報発信量が他の繁華街に比べ、比較にならないくらい多い。  ちょっと新しい方法、すなわち検索による人気儀度度を見てみますと、渋谷は群を抜いています。 それに続くのが、原宿、新宿ですね。情報発信量が多い街だといえます。


2.新宿同じくアンケートによると、都下を中心に、幅広い年令層を惹きつけ、特に男性サラリーマンに享楽的遊びで 満足させる所。歩行者調査から、新宿の特徴を見てみましょう。1)平日より。休日は140%増える。
2)男性対女性は、54対46、休日は女性がやや増える。
3)年齢層は29歳までが53.6%と半数を越える。
4)人が集まる場所のベスト3は、銀座ワシントン前、スタジオアルタ前、中村屋前である。ただし、若い人は、Flag前、歌舞伎町1丁目、スタジオアルタ前である。3.銀座多くのアンケートによりますと、「しゃれて、安心して、老人から子供まで家族連れで遊べる所」という声が多い。4.池袋渋谷に似て、学生中心の若い人で、埼玉以北から来る人が多く、「これからどのように 変化するか、興味がもたれる所」という声がある。 5.浅草初めて来た人が13.3%と他の4大繁華街の4.3%に比べて多い。 その他地域からも24.4%と4大繁華街の10.0%に比べて多い。 しかも、高年令層の観光客が多い。

(拍手・拍手・拍手) ★ ああ、東京! いかがでしたでしょうか?  「東京は東京であって、東京でない」ことが、よく分かりましたね。2001年8月24日のページと併せてご覧くだされば東京の性格がよりご理解できるものと思います。  (文責 得猪 外明)

会場写真撮影:三上卓治
HTML制作・編集:田口 和男