神田雑学大学平成14年5月31日講義録

(このページをご覧になった方へ)     皆様のご意見ご感想、ご要望などを 談話室にお書き込みください。



フィンスイミングと私
講師 津田 謙二


講師 紹介
1.水泳と私の出会い
2.フィンスイミングとは
3.海外…世界選手権の団長として
4.2001年秋田ワールドゲーム



講師 津田 謙二 さん  プロフィル
 info box代表
 元住友化学褐、究所技師長
  著書「トン考‐人とブタの愛憎をめぐる文化史」

1.水泳と私の出会い

小学校の頃、私は弱虫でスポーツは苦手だった。中学に入ったとき、一念発起して、泳げないのに水泳部に入った。一週間で泳げるようになり、夏休みには1500m泳げるようにになった。泳ぎは遅かったけれども、皆と一緒に練習ができる。それが嬉しくて、練習だけは人一倍、決してサボらずに続けようと決心した。私のいた学校は水球では名門校だからボールを手にし、立ち泳ぎ、出足(ボールに向っていく場合のダッシュ)等をやっていた。だが、中学、高校を通してレギュラーにもなれず、試合に出してもらったこともなかった。これがスポーツの世界、と思っていたし、後輩が活躍するのを応援していた。それでも、練習だけは人並以上にやった。それを自分の心の中の、ひとつの誇りとして高校を卒業した。

大学に入った時、スポーツをやるつもりはなかった。半分プロのような世界、とても自分のやれる所ではない、と思っていたからである。それに入試の頃、父親を亡くして経済的にもきびしかった。大学の構内にプールがある。暑いので泳いでいいですかと問うと、どうぞと言う。水に入ると水球のボールが浮いている。手に触れて、投げて、ドリブルする。久しぶりのボールの感触を楽しんでプールから上がると、水泳部に入らないかと言われる。

断ると、来週水球の試合があるが、見にこないかと言う。見るのは大好きなので、日大プールに行くと、当時日本のトップクラスの日大が相手の試合で、いきなりお前出ろと言われる。ポジションはどこだ、で、バックスですがというと、じゃそこだ。で、有無を言わさず出場。プールに入ってマークした相手のフォワードは、なんと世界記録を次々と塗りかえた古橋廣之進だった。当時の多くの水泳部は、競泳と水球の両方をやっていたのである。だが、中学の頃から水球になじんでいた私は、立ち泳ぎでは何センチか高く身体が出るので、古橋への高いパスはいただき。また出足が鋭いので、3m−5m先のボールなら私の方が先に取る。

そのうち、何と私のいた教育大が先取得点をあげたのである。この試合は結局負けたのであるが、これをきっかけに私は全試合にレギュラーとして出場することになる。後に母校のプールでボールを扱った私を見て、元の仲間達は“これまでと全然違う。自信をもってプレーしている”と驚いていた。永年の練習の積み重ねはやはり無駄ではなかったのである。自信をつけたのは教育大の水球チームも同様だった。そのうち2部グループで優勝争いするまでになり、私は日本水泳連盟学生部会の水球委員として、各校に顔を知られる存在となる。この経験は貴重だった。社会に出てからも、人の能力に関しては他人の評価をうのみにせず、部下や後輩にも必ず2度、3度のチャンスを与え、やらせてみるようになった。過去の自分がそうだったように、評価されずに埋もれさせては勿体ないと思うからである。

数年前、政治家(羽田 孜氏)のパーティで、大学の水泳部の後輩とばったり出会った。“お前何でこんな所にいるんだ”。“先輩こそ何故?”。“羽田氏は高校の後輩で、家族ぐるみのつきあいなんだ”。“それはよかった。羽田さんはフィンスイミング協会の名誉会長なんですよ。私は理事長なんです。先輩、協会の理事になってくださいよ”“嫌だよ。お前が理事長なんて危なくて・・・…”“何言ってんですか。頼みますよ”でこれまた、なんとなく理事に就任してしまった。

2.フィンスイミングとは。
 
【フィンスイミングとは、足ヒレを使用して水面・水中を進むことです。フィンには、ビーフィン(片足ずつ履く2枚フィン)とモノフィン(両足そろえて履く1枚フィン)があります。ビーフィンは、簡単に楽しめる利便性と体が自由に使える機動性が特徴です。初心者でもすぐ使用することができ、水泳の4泳法のコンビネーションなら推進力は30%アップすると言われています。

モノフィンは、イルカの足ひれ様の形状をしており、泳ぎ方もイルカと同じように体をうねらせながら手を前に出して組み抵抗を減らして泳ぎます。推進力はビーフィンに比べてはるかに大きく50メートルを14秒台、100メートルは33秒台で泳ぎきり、秒速3メートルを上回ります。まさにイルカか人魚です。

足ヒレ(フィン)の歴史は、BC885年頃の古代アッシリア兵士のレリーフの中に足ヒレらしきものを履き、水中を移動しているものがあります。これが歴史上みられる最古の記録です。次はルネッサンス期のレオナルド・ダ・ビンチによって「水掻き」が考案されてそのイラストが残っています。

フィンスイミングは1950年代に、スクーバ(SCUBA)ダイビングの発達とともに、ヨーロッパを中心に様々のフィンが考案され、競技会を通して改良が加えられました。1970年代には、旧ソビエトにおいて、両足を揃えて履く「モノフィン」が考案され使用されるようになりました。

これは、イルカのように全身を波打たせながら水中移動をしようとするものです。このモノフィンの開発により、推進力は飛躍的に向上しました。このモノフィンの開発により競技会だけでなく、人間は水の世界でより一層、水棲哺乳類に近づくことが可能になったのです】。

 水泳の記録比較
 

 

     競泳        

フィン

01,12.18現在

男子

世界

日本

  

世界

日本

50m

21"64

22"18

サーフィス

16"07

18"46

 

 

 

アプニア

14"55

16"45

100m

47"84

50"45

サーフィス

35"86

40"47

 

 

 

イマージョン31"84

37"42

 

 

 

 

 

 

女子

 

 

 

 

 

50m

24"13

25"14

サーフィス

18"58

21"40

 

 

 

アプニア

16"28

18"79

100m

53"77

54"99

サーフィス

40"96

47"94

 

 

 

イマージョン36"26

44"65



















* サーフィス(水面泳)
 呼吸法としてスノーケル(長さ48センチ以内)の使用も可能です。スタート、ターンを除いて(スタート・ターン時15mまでは潜水可能)身体の一部が水面から出ていなければなりませんが、腕のかき方は自由です。プールでの公認は50m、100m、200m、400m、800m、1500mです。

* アプニア(息止泳)
 息を止めて一気に50m泳ぎます。顔は水面に出せません。距離は50mのみです。

* イマージョン(水中泳)
 スクーバ器材(空気ボンベ・レギュレーター使用)を使い水中を泳ぎます。顔は水面に出せません。公認は100m、400m、800mです。
(引用:日本水中スポーツ連盟 http://www.jusf.gr.jp/
 
○何よりもいいことは、このスポーツは生涯スポーツであることだ。多くのクラブで、小学校前の子どもから60歳以上の人までが楽しく泳いでいる。日本選手権でも、ジュニア、ユースシニア、シルバーの各年齢層を表彰し、記録を残している。フィンスイミング競技登録者は2001年現在で3,800名を超えている。子どもも参加でき「パパより速いボクのフィン」という状態を実証できるから面白い。まだまだ可能性を秘めており、記録も用具もどんどん進歩改善している。

昨年、日本フィンスイミング協会は「日本水中スポーツ連盟」と名称変更をした。
名誉会長  羽田 孜(元総理大臣)
会長 野村 武男
副会長 田村 宏  津田謙二

そして、理事も指導者達も、フィンの魅力を、可能性を伸ばそうとしての、発展途上のスポーツであり、とにかく早く、よりいつまでも楽しめるスポーツとしての位置付けに協力している。

3.海外…世界選手権の団長として

 フィンスイミングは、いまや世界中に普及して、ワールドゲームは勿論、世界選手権は2年に1回、ユース選手権やアジア選手権も2年に1回、この他に各年齢層が参加できるマスターズや、海で数km泳ぐゲームなど、毎年多くの大会が開催されている。2年前のスペインでの世界選手権大会には、日本選手団長格として参加した。ユース選手権にも3度、選手団長として参加している。団長としては、お飾りなら楽なものだが実際は、色々気を使うことが多い。

第1に、その国の治安状況を正しく掴まなければいけない。
次ぎに、海外チームとの交流を常に念頭に置かなければならない。
スペイン大会では旧知の役員と奥さんに逢ったとき、「オゥ、セニョーラ(奥様)」と言いかけて「オゥ、セニョリータ(お嬢さん)」と言い直して、片目をつぶって見せたら大笑い。横にいた仲間が「ほとんどスペイン語、話せないのに、もうお世辞いっている」と呆れていたが、これは民間外交の一つである。こうした作業も日本チームの評価にもつ繋がってくるのだ。

また、フランスでのユース世界選手権では、開会式の時、JAPONとかいた札を持ってチームを先導してくれたプールの用務員のおじさんに、開会式終了後、選手全員最敬礼して“メルシー”と大声でやったところ、“JAPONは違う”との噂があっというまに広がり、喫茶店へ行くと、“お前がTAPONのボスか?”“そうだ”“それならコーヒーは無料だ”と言われたりした。

健康管理は最も大切なポイントである。食事はバイキングが多いから、各国の選手は好みのものを選べる。特にイスラム圏の選手には好評だ。それに選手達の病気予防が団長の何よりの仕事である。

団長としては、表彰式のために準備することがある。それは選手の名前を覚えて、表彰演奏と共にメダルを渡すときは、選手の名前を呼んでから渡すことを心がけている。

はじめて出た日本選手権では、急に表彰式に出て下さいと言われた。ちょって待って。その前に各選手のこれまでの記録を調べてからだ。で、調べたうえで、一人一人にまず、名前を呼びかけ「君、昨年の大会より○○秒速いね。おめでとう」。
初めて表彰台に立つ選手には、「すごいね、また○○秒縮めて、遂に追われる身。来年も楽しみだよ」。選手達、自分の過去の記録を覚えていてくれた、で目を輝かせてくれる。

日本記録だと「やった!○○秒短縮。君ひとりじゃなく、会場みんなの、いや日本みんなの誇りですよ」などという。こうなると黙ってメダル渡しなど、つまらない!
それぞれの人へのほめ言葉を考える。これがまた楽しい。

去年8月の秋田のワールドゲームでも、まず選手のファーストネームを暗記して、名前を呼びかけてから、下手な英語で一位の新記録を出した選手にはこういった。
"Elena!you are a wonderful record breaker, I am very happy to give you a gold medal"
二位には "Anastassia, your swimming is very powerful and rhythmical"
そして三位には"Bettina, I hope the next game. You'll get a gold or a silver medal"

といって、それぞれ金・銀・銅メダルを首にかけて握手した。英語の文法的にどうの、と考える前にまず誉める単語を口に出す。それゃあ、選手だって大喜びをする。それを見ていた日本の役員は「津田さんったら、女性選手の手だと、しっかり握っちゃってさ」という。「当たり前だ。これくらいの役得がなくて、誰がこんなバカな仕事やれるか」と私。
だって、この仕事、手弁当のボランティアなのである。

さて、日の丸の国旗を持参することは当然だが、ニコニコして親日派を増やすようにする。
しかし、突然外国人に親日派になってくれといっても無理だから、ホテルまたはその周辺で、まず朝一番に大きな声で相手に挨拶することから始める。そして、とにかく相手を誉める。あそれも楽しんで誉める。誉めるのに何の遠慮がいるものか。それから、相手国の言葉で「有難う!」をいう。すると、外国人選手や観衆と楽しく付き合えるし、仲良くなれる。

その結果、お別れパーテイでは、選手同士のプレゼント交換やサインの依頼など盛んに行なわれ、にぎやかな音楽に会わせてディスコ大会風に盛り上がっていくのである。
ここでお見せするのは、スペイン大会の外国選手に貰ったペナント。変わりサインなど。当然、こちらのペナントや、スーブニールの類が先方に渡っている。最近、私はサインを頼まれると、マジックインクをやめてポータブル毛筆でサインし、押印することにしている。富士山の画も喜ばれる。

4.2001年秋田ワールドゲーム

 昨年8月16日から26日まで、第6回目のワールドゲームが秋田で行なわれた。
キャッチフレーズは、「世界の国から、輝く太陽がやってくる」
第7回はベトナム。第8回はイタリアというところまで決まっている。
国際大会の主催者側としての、ゲームの進行以外のポイントに心がけたことは、次ぎのようなことだった。

○ 毎日30分前には現場へ到着し、各国選手の到着を待ち受ける。
○ 8ケ国語で ”おはよう”と先手を打って大声で挨拶する。これで顔見知りになると、後はヤァと笑顔で手をあげれば他の言葉は言わないですむ。
○ 秋田のボランティアの人にも次々と語りかけ、ゲームの進行を説明したり、外国チームからの日本の評判を伝える。
○ 表彰式は例の手で、選手の思い出づくりを手伝う。
○ お別れパーティ盛り上げのための工夫。

そして、2001年ワールドゲームは見事に成功し、世界水中スポーツ協会から、その運営ぶりを讃えるメッセージを戴いた。
                                  
終わり

文 責   三上卓治
写真撮影 橋本  曜
HTML編集 山本 啓一

2002/08/03 18:21:25;137704;ne4k-tgc;RETR;ok;/homepage/kanda/020531/0531.htm