現在位置: ホーム(1)講義録一覧 2007〜2009(2) >知って得する10歳若返り法
WEBアクセシビリティ対応
ページの先頭です

平成20年3月21日 神田雑学大学定例講座NO399



知って得する10歳若返り法、藤原秋子



目次
(クリックをすれば該当の項へ進みます。
ブラザの「戻る」ボタンで目次に戻ります。)


アクセントの画びょうメニューの先頭です
フェイス&ヘア
ボディ&ストレッチ
フアッション
外見力(ビジュアル)の若さを保つ食事の秘訣(和食)
総まとめ




<魅力あふれるセカンドステージへ>

・ 夢や希望を実現するために、外見力(ビジュアル)をつける。
・ 暦年齢は若返らないが、あきらめるなかれ。
・ 見た目年齢は磨けばどんどん若返る。きっと若返ると信じる。

藤原講師藤原秋子と申します。
きょうは「知って得する10歳若返り法」のお話を致しますが、ほんとは20歳若返り法としたかったのです。人には暦年齢と生物学年齢があります。ここにお集まりの皆さんは、自分は、暦年齢より10歳くらいは若いと思われているのではないでしょうか。

きょうは、そこから更に10歳若返る・・トータル20歳若返る方法をお教えします。皆さん磨けば磨くほど、まだまだ、光る余地はあるとおもいます。 


もう春です。桜はあと何日でしょうか。
春の語源を説明している講師春の語源をご存知ですか?
「張る」です。物の芽が張る。膨らむ。花が咲く。よく「頑張る」といいますね。
これは顔が晴れるという意味です。
泣いていては顔が晴れない。すなわち笑顔という意味です。

私は、日本笑い学界の関東支部の会員です。笑いの効用はがんも吹き飛ばす。病気で入院した人も、笑顔の人は早く退院できるといわれています。
笑顔とは楽しいということです。
レジメの中、私のご挨拶を読みあげます。


ごあいさつ
みなさま こんにちは
「笑顔で」「楽しく」「役に立つ」
“簡単なのに心に体に良く効く”と満足して頂ける「実技参加型」。
華も実もある血行良好な講演を各地で開催しています。
好きな言葉は”和顔施“
皆様の笑顔にお目にかかれる日を心からお待ち申し上げております。


色々なところで、講演してよく聴かれることは
「どんな人が長生きできるか?」です。
答えは「栄養」「運動」「ストレス無し」「習慣病なし」などの情報もあります。でも、「楽しい」と思って生活した人が、一番長生きするそうです。

皆さん。今日はぜひ楽しいと思って頂いて、もう春です。4月です。おのおのの夢や、希望、目標があると思います。ご自分だけの「♪世界に一つだけの花」咲かせてください。その時は、何といってもイケメンの方がいい。お肌ガサガサより、つるつるの方がよろしい。瞳も少年のように輝いて、きらきらした方がいい。そうなるように頑張りましょう。

では、レジメの<老化を自覚するのは、 100人アンケート参照>を読んでみましょう。
(1) 肌(シミ、シワ、タルミ、ハリ)(2)体型(肥満、姿勢、足腰)(3)髪(白髪、抜け毛、薄毛)(4)目と歯(5)服装(楽が一番)これはあくまで、見た目でご自分が老化を感じるアンケートによるものです。このうち3つくらいは当てはまるなあと思う方は、手を上げてください。お一人ですか。では、全然当てはまらないと思う方は手を上げてください。お一人。一つ一つ当てはまるかなと思う方は?数人。


暦年齢(クロノロジカルエイジ)は、当然、皆さん平等です。24時間×365日×年数は誰でも同じ条件で、コントロールはできません。しかし、生物学年齢(バイオロジカルエイジ)は、時計を巻き戻して若返ることができます。健康状態、血管年齢とか、脳年齢、骨年齢、精神年齢とかが対象です。
これを<若返りのトライアングル>へ当てはめると次のようになります。

1. さびない
2. ためない
3. 乾かない

これはキレィション(体内浄化)と名づけられております。
綺麗になるキレイションと覚えてください。

では、どうやって浄化するか。
私たちは、これまでの生活の中で、色々な有害物や老廃物を取り込んでおります。それを体の外に出すゴミ出しをするのです。水を沢山飲み、運動をして、レッスンをして体のゴミ出しをして若返りましょう。お肌がむくんだり、吹き出物が出たりするのは、一種の老廃物と思ってください。いっぱいお水を飲んで、運動をして、血行をよくし、老廃物を出してしまえばいいのです。

少しも難しいことはありません。体のゴミ出しをしましょう。特に女性の方は、捨てられない。いつかは使うかも知れない洋服など。2年3年経っても捨てられない。生活の中でもゴミは溜まる一方です。
体の中でも、要らないものはどんどん捨てましょう。体を軽くして、血行をよくし、細胞を再生させて、ターンオーバーをしましょう。これが若返りのトライアングルです。

<老化を自覚する5つの項目>は全部解消しましょう。


メニューに戻る(M)

<魅せる若返りメンテ>
{1}フェイス&ヘア
・ 第一印象は顔が命。パッと見6秒インプットとラベリング(刷り込み)

【皆さん、こんばんは。藤原秋子と申します。どうぞよろしくお願いいたします】これでだいたい6秒です。この6秒間に皆さんは、藤原秋子とはこんな感じのヒトだなと判断するのです。最初に印象が刷り込まれてしまう(ラベリング)。すなわちつかみが大切です。・ 若く見える人、老けて見える人、見た目で損をしないために同窓会などで、昔あんなに素敵だったのに・・・・という経験があると思います。
どこがどうで、若く見えたり、老けて見えたりするのか。

人間は最初に会ったとき、相手のどこを見るか?目を見て鼻を見てから口を見る。目の周りの筋肉(1))眼輪筋がグジャグジャだと、すごく老けて見える。目がショボショボだと、まず、すごく疲れて見える。
顔には(2)頬筋(きょうきん)をはじめ、36種類の筋肉があるといわれています。これに力が無いと、鬼瓦のような表情になる。口の周り(3)口輪筋です。口角が下がると十歳は老けて見えます。顎の輪郭は(4)フェィスラインといいます。この四つがポイントなんです。
テレビを見ながら、これらの筋肉を鍛えるトレーニングをしましょう。

・笑顔、目力、好感度アップのためのエクササイズをしましょう。

(ワォ ワォ ウィ ウィ ハッピー ラッキー ウィーン ウィーン)
ワォと発声するときは、いったん顔をぐしゃぐしゃにして、口をつぼめて声を出す。
私の顔を見て下さい!一回、顔の筋肉を縮めてから一気に伸ばす。

ウィはフランス語のウィの語感。
ではお隣の人と向き合ってやってください。
ワォ ワォ ウィ ウィ ハッピー ラッキー ウィーン ウィーン
4回ずつやってみましょう。

皆さんのお顔がピンク色になってきました。これは顔の筋肉が動いて血行が良くなっているからです。
口角も上がりました。いつも目も笑ってね。ではもう一度。
ワォ ワォ ウィ ウィ ハッピー ラッキー ウィーン ウィーン

気軽にできるフェィスライン。

ジャンケンのグーをしてください。
グーの角の骨で、顎の骨を押し上げて、耳の下まで持っていってください。つまりフェイスラインをあげるのです。テレビを見ながらでも根気よく続けていると、弛みが消えてきます。この部分がシェイプアップすると、驚くほど若返って見えます。もう歳だからとか思わずに、素直に私の言うことを聞いてください。

・基本はスキンケア(ハリとツヤのある若い肌)紫外線ブロックが大事

スキンケアをされている方は手を挙げてください。女性の方はやっていらっしゃいますね。夜お化粧を落とし、化粧水や保湿クリームを付けてお休みになります。男性はお風呂に入って、サーッツと洗って終わり。やはり男性は何もしていませんね。やっていなくても、皆さん綺麗だと思いますが、シミとか老人斑などが出てくるのはイヤでしょう。

イならやってください。メンズ化粧品にUVカットという紫外線を防ぐクリームがありますから、これでお肌を保護して下さい。奥様、お嬢さん、お嫁さんのモノを借りたらよろしいと思います。シニア女性の肌年齢は8割くらいの方は、実年齢より20歳くらい老けているという調査があります。

ケアをしている女性でもそのくらいですから、何もしていない男性の肌年齢は、それよりもずーつと上になっている可能性があります。顔が命ですが、肌も命です。これからは、お風呂に入ったとき、蜂蜜を1円玉くらい取って、手でスリスリしてゼリーパックにします。

週に二度くらい、目を除いて顔全体に蜂蜜パックをします。するとお風呂の湯気(ミスト)で肌が綺麗になります。日本酒の杜氏や、給食を作る人たちの肌が綺麗なのは、湯気のためです。温泉の女将さんが綺麗なのは、もともと綺麗かも知れませんが、温泉の湯気のお陰です。私も結構やっています。こういう講演をして肌がボロボロだったら、誰も話を聞いてくれません。風呂からあがって、顔を水洗いをすると、毛穴が開いてシャキンとします。シワはシワを呼び、シミはシミを呼ぶのです。メンズケアの化粧品をお試してみてください。

・眉ケア 印象を左右する必須アイテム

眉ケアしている方はいらっしぃますか?いない。
テレビを見ていると、タレントやスポーツ選手など、皆さんしていますね。眉は人間関係を表します。人相学で、眉間が狭すぎたり、広すぎたりするのは良くないといわれます。難しいことではないから、ちょこっと眉カットしましょう。理容院でもやってくれますよ。眉は人間関係、目は愛情関係、鼻は財運を表すといわれます。鼻毛を伸ばしたり、汚くしていると、財運が逃げていくと言われます。

・髪は額(フレーム)引き締め ストップ・ザ・フケ 抜け毛 薄毛)

女性のアンケートによれば、男性の髪の毛については、女の人はあまり気にしていません。
さわやかで、清潔であれば、それでいいと思っています。下手にかぶったり小細工しないで、潔くあって欲しい。皆さん、自信を持って下さい。いまのまんまで素敵です。一人ひとりが、ちゃんと額縁になっていますから。ですから、それでいいのですが、でもフケはイヤだな。フケは不潔のフケ。どんな立派なことを言っても、フケが一杯溜まっていたら、女性は聞く耳を持ちません。フケは老廃物です。お出かけ前は、鏡の前でチェックしましょう。

それから、抜け毛対策、これ以上薄くなりたくないでしょう。
枕カバーには何を使っていますか。
タオルを使っているひと?数人。
綿の枕カバーの人?数人。タオル地よりも綿カバーをお勧めします。
抜け毛、薄毛予防のマッサージ実演。

百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)風池(ふうち)を巡るマッサージによって頭皮の血行が良くなるために効果がある。足の親指の付け根の下に「湧泉(ゆうせん)」というつぼがあります。
それをぎゅうっと押す。男性は、足の親指を押すと元気になるといわれています。

メニューに戻る(M)
座ったままストレッチをする受講生や、立ち上がってストレッチする受講生

{2}ボディ&ストレッチ

・姿勢悪く、体硬いは老化現象病気を招く
・垂れる筋肉、膨れてメタボ やる気も失せる  引きこもりを招く
・猫より鳩となれ 若さを磨くバスタイム 3・3・3で白い歯に
・血行促進、披露回復、ナイスボディのためのストレッチ
(手足ブラブラ、ユラユラ、グルグル、スクワットとデトックス)
・スーハー、スーハー、スーパー腹式呼吸(ストレス、風邪予防、ダイエット)

・嫌われる3臭=口臭・体臭・加齢臭をブロックする法
口の匂いは、コップに息を吐いて、その匂いを嗅いで自分で確認しましょう。肉類・乳製品類を食べる人に口臭、体臭が多い。野菜を沢山食べること。水を沢山飲むこと。腸内環境が悪いと、ここれとば別の悪臭で、歯磨き程度では消えない。医者と相談すること。加齢臭対策は、タンスの下着やくつ下やハンカチなどに、石鹸を入れることで、効果がある。清潔な香りは好感をもたれます。

メニューに戻る(M)

{3}フアッション

色使いについて申し上げます。ここにカラーの見本があります。
パーソナルカラーは、顔にどんな色が合うかを知ることから始めます。
顔の色が、自分は白味が強いと思う方は手を上げて下さい。数名
黄色味が強いと思う方は手をあげてください。数名
ご自分の顔を引き立てる色をサンプルから選んで下さい。

カラーコディネィトは、頭からつま先まで使用するカラーは4色以内に留めてください。
それがセンスよく見える方法です。
私は今日、首にスカーフを巻いています。これは差し色といいます。
差し色をすると、顔がとても明るく見えます。
これがあるのと、ないのを比べると顔の色が段違いにかわります。

講師から若く見えるお洒落のコツを指導して貰ってる三上学長

男性の方でも簡単にできる差し色をいたしますので、YさんMさんにモデルになって戴きます。Kさん。Oさんもどうぞ。シャツのボタンを外して、マフラーを巻いてください。
色味によってすごく明るくなります。若く見えるオシャレです。
シャツも立ち襟のものをお使いください。

きょう会場からモデルとなった女性のKさん。
ちょっと、スカーフの差し色をしただけで、オシャレ度が格段にアップ。

・ センスの良し悪しはトータルバランス、靴もポイント大
・若々しく、おしゃれに決める色づかい。パーソナルカラーを知る
・高感度アップの3Sと3ライン

3Sとは 1.清潔 2.さわやかに  3.誠実な.
3ラインとは 1.背中のSラインなど 

・おしゃれ度、センスアップの鏡よ鏡・・・鏡を見た分だけ綺麗になる。
お出かけの前に、必ず他人の目線を意識してチェックすること、必ず1m以上離れて見ること。
メニューに戻る(M)

{4}外見力(ビジュアル)の若さを保つ食事の秘訣(和食)

・若い肌・・・・大豆、イソブラボン、ビタミンA・C・E+W(水)
・若い血管・若い体 オサカナスキヤネ(お茶魚納豆酢きのこ野菜ネギ)
・若い心  アイウエオ+ビタミンL(あっさり味、色々、うまい、笑顔、お陰様)+LOVE=愛する心)
毎朝、まずは水を一杯飲んで、体のゴミを出すのが大事です。

{5}総まとめ

皆さんご一緒に
1.ワォ ワォ ウィ ウィ ハッピー ラッキー ウィーン ウィーン
2.手足ブラブラ、ユラユラ、グルグル、
3.腹式呼吸

(完)


文責:三上卓治
会場写真撮影:橋本 曜
HTML制作:和田節子

本文はここまでです



このページの先頭へ(0)

現在位置: ホーム(1) 講義録一覧 2007〜2009(2) >知って得する10歳若返り法


個人情報保護方針アクセシビリティ・ポリシィ著作権、掲載情報等の転載、リンクについて連絡先

Copyright (c) 2005-2007 kandazatsugaku Organization. All rights reserved.