現在位置: ホーム(1)講義録一覧(2) >SPオリジナル盤で聴く昭和歌謡史~東京讃歌特集

WEBアクセシビリティ対応

ページの先頭です

ページの先頭です

2014年3月7日 NPO法人神田雑学大学定例講座NO687 

SPオリジナル盤で聴く昭和歌謡史
~東京讃歌特集~

蓄音機


講師:落合敏也(落合歌謡ライブラリー)




メニューの先頭です 目次

画鋲
講師紹介(吉田源司 統括理事)
(1)新銀座行進曲 
(2)神田小唄 
(3)新東京行進曲 
(4)丸の内音頭
(5)花の東京 
(6)浅草の唄 
(7)秋の銀座 
(8)口笛が吹けるかい
(9)新宿セレナーデ 
(10)東京ラプソディー
(11)東京恋しや
12) 街を歩けば
(13)東京の屋根の下
(14)ハロー東京
(15)銀座八丁
(16)月の銀座
(17)東京新地図
(18)東京新地図
(19)なつかしの歌声
(20)東京の青空 
●参考資料




メニューに戻る(M)
●講師紹介(吉田源司 統括理事)
みなさん、こんばんは! 
2013年3月から始まった「歌謡ライブラリー」は、おかげさまで丸1年を迎え、今宵で第4回となりました。時代を彷彿とさせる絶妙な落合講師の解説と相まって、感動的な歌声に酔いしれる夜。毎年3月は、NPO法人神田雑学大学は、東京大空襲と東日本大震災を追悼する月として、記憶を風化させないための講座を開いております。今回は、東京大空襲の東京にちなんで、「SP盤で聴く昭和歌謡史」は「東京讃歌特集」とさせていただきました。では、2時間たっぷり、どうぞお愉しみください。

マイク片手に講義する落合敏也講師SPオリジナル盤で聴く昭和歌謡史
(戦前編の総集編)

http://www.kanda-zatsugaku.com/130315/0315.html

http://www.kanda-zatsugaku.com/130419/0419.html

http://www.kanda-zatsugaku.com/130719/0719.html


メニューに戻る(M)
(1)新銀座行進曲   
佐々紅華詞曲・天野喜久代唄 (3分17秒)
発売:ビクター50243B、昭和3年10月
歌い出し:春の宵春の宵 無理に献されたカクテルを

★ 昭和3年からレコードの発売を開始したビクターの草分けの流行歌です。カクテルとかジャズバンドとかタキシードなどカタカナ用語が使用されていて、モボ・モガの闊歩するモダンな銀座を歌っています。

メニューに戻る(M)
(2)神田小唄     
時雨音羽詞・佐々紅華曲・二村定一唄(3分00秒)
ビクター50677A、昭和4年4月
歌い出し:肩で風切る学生さんに ジャズが音頭とる神田神田神田

★昭和の初めの学生の街神田を明るく、若々しく、踊るような調子で歌っています。神保町の書店街、お茶の水のニコライ堂の鐘、そして街に流れるジャズの音、コヒー一杯10銭のころの学生街神田が浮んできます。曲のエンディングにチャルメラの音が入っています。


メニューに戻る(M)
(3)新東京行進曲     
西条八十詞・中山晋平曲・四家文子唄 (3分14秒)
発売:ビクター51406A、昭和5年9月
歌い出し:ネオンサインについ誘われて 今日も銀座のアスファルト

★日活映画「新東京行進曲」(監督・長倉祐孝、主演・浜口富士子/峯吟子)の主題歌として制作・発売されました。前年の「東京行進曲」には映画もレコードもとても及びませんでした。歌詞にチャンバラ・エロレビュー・ナンセンスなど「エロ・グロ・ナンセンス」の世相を表しています。

メニューに戻る(M)
(4)丸の内音頭    
西条八十詞・中山晋平曲・藤本二三吉唄 (3分20秒)
発売:ビクター52446A、昭和7年8月
歌い出し:ハア踊りおどるなら丸くなっておどれ ヨイヨイ

★数寄屋橋を境に、銀座に人波を取られて寂れた感じの日比谷・丸の内の旦那衆が、音頭で町おこしとビクターに企画を持ち込んでレコードになりました。企画が当たって、日比谷公園での盆踊りは大盛況で、三日三晩踊り明かしたそうです。

メニューに戻る(M)
(5)花の東京     
時雨音羽詞・古賀政男曲・中野忠晴/淡谷のり子唄 (2分50秒)
発売:コロムビア27111A、昭和7年11月
歌い出し:夜の銀座は蛍籠 恋の心をちらちらと

★日活映画「花の東京」(原作・菊池寛、監督・畑本秋一、主演・夏川静江/小杉勇)の主題歌として制作・発売されました。伴奏をコロムビア・オーケストラではなく、来日中の巴里ムーラン・ルージュ・オーケストラが演奏しています。

メニューに戻る(M)
(6)浅草の唄     
西条八十詞・中山晋平曲・藤山一郎唄 (3分11秒)
発売:ビクター52691A,昭和8年4月
歌い出し:夜更けて鐘が鳴ります 弁天山の

★昭和8年の浅草寺本堂改築落成を記念して、サンデー毎日特選歌として制作・発売されました。浅草の夜の情緒をしみじみと歌われています。戦後にコロムビアで発売された同名曲とは別物です。

メニューに戻る(M)
(7)秋の銀座     
久保田宵二詞・江口夜詩曲・ミスコロムビア唄 (3分31秒)
発売:コロムビア27580、昭和8年10月
歌い出し:秋の銀座は柳散る 散る散る柳は胸に散る

★良き時代の銀座のネオンや店々、柳の並木や夜店、市電のポールから散る閃光、円タクの警笛などの情景が蘇りそうです。作詞の久保田宵二は、岡山県出身で池田師範学校卒業後上京し、日本大学に学び、長く小学校の教員の傍ら作詞活動をしていました。

メニューに戻る(M)
(8)口笛が吹けるかい
柏木晴夫詞・Axelson曲・中野忠晴とコロムビアナカノリズムボーイズ唄(3分19秒)
発売:コロムビア28290A、昭和10年3月
歌い出し:アラモードは銀座の八丁から 春は野原の菫から

★作詞の柏木晴夫は、中野忠晴の変名で、彼は多才で外国の曲を聴いているとそのメロディーに勝手な日本語の歌詞をつけるのが得意でした。口笛は、藤村勝利で藤本二三吉の弟で、江戸っ子気質で二枚目で若い女性に騒がれたのですが、惜しくも若くして亡くなりました。

メニューに戻る(M)
(9)新宿セレナーデ  
宮本吉次詞・成瀬順平曲・東海林太郎唄 (2分45秒)
発売:ポリドール2291A、昭和11年6月
歌い出し:恋の新宿日が暮れりゃ 赤い風車がクルクルと

★当時新宿には軽演劇のムーランルージュがあって、サラリーマンやOLに人気でした。劇場の屋上には赤い風車があって新宿のシンボルでもありました。

メニューに戻る(M)
(10)東京ラプソディー   
門田ゆたか詞・古賀政男曲・藤山一郎唄 (3分15秒)
発売:テイチク50338A、昭和11年7月
歌い出し:花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で

★「影を慕いて」をヒットさせた昭和7年以来4年ぶりの古賀・藤山ゴールデンコンビ復活の第一回作品です。曲が先に作られ、詞ははめ込みですが、字足が変わっているので作詞の門田ゆたかは二晩徹夜して苦吟したそうです。レコードのヒットを受けてPCLで映画化されています。

講義中の部屋の様子


メニューに戻る(M)
(11)東京恋しや    
大木敦夫詞・阿部武雄曲・河崎一郎唄 (3分11秒)
発売:ポリドール2324A、昭和11年9月
歌い出し:山のかなたの夜空を見れば 東京恋しやあの灯が悲し

★河崎一郎は、当時ポリドールで奥田良三・東海林太郎・高田浩吉に次ぐ看板歌手として期待されていました。会社が次回に用意した新譜は、永遠のヒット作となる「妻恋道中」。ところがある醜聞が災いして、社長から湯河原温泉への蟄居謹慎を命ぜられ千載一遇の機を逃してしまいました。

メニューに戻る(M)
(12) 街を歩けば    
玉川映二詞・古賀政男曲・小林重四郎/星玲子唄 (2分28秒)
発売:テイチク50539A、昭和11年11月
歌い出し:僕の東京貴方の東京 私の東京そなたの東京

★日活映画「僕の東京地図」(監督・伊賀山正光、主演・小林重四郎/星玲子の主題歌として制作・発売されました。作詞の玉川映二はサトウ八チローの変名で、日活は当時の撮影所が多摩川にあって、それにちなんで付けたと言われています。

メニューに戻る(M)
(13)東京の屋根の下   
山岸曙光詞・種子島弘曲・シキ晧一/水島早苗唄 (3分15秒)
発売:タイヘイ21182A、昭和12年3月
歌い出し:風の吹く日も雨の夜も 街の時計を見て暮らす

★リズミカルで可愛いラブソングをシキ晧一とジャズシンガーの水島早苗が、楽しいムード一杯に歌っています。シキ晧一は、一色皓一郎の変名です。

メニューに戻る(M)
(14)ハロー東京     
坂口淳詞・多紀英二曲・林伊佐緒唄 (2分40秒)
発売:キング10106A、昭和12年5月
歌い出し:空はコバルト並木を行けば アミューズメントに薫風

★大陸の戦火も一時止んで、ほっとしたひと時、良き時代の東京を描いた、はずむような青春の東京讃歌です。作曲の多紀英二は、林伊佐緒の作曲活動時のペンネームです。

メニューに戻る(M)
(15)銀座八丁     
宮本旅人詞・佐藤富房曲・藤山一郎唄 (2分33分)
発売:テイチク1785A、昭和12年9月
歌い出し:宵の銀座にあかりが點りゃ 可愛いあの娘も紅つけて

★藤山一郎が歯切れよく歌った銀座を舞台にした恋の歌です。ちょうど日華事変が勃発した直後ですでに軍国調の歌が氾濫していた時代だったので、無条件で若い人々に歌われました。

メニューに戻る(M)
(16)月の銀座
門田ゆたか詞・鈴木哲夫曲・静ときわ唄 (3分05秒)
発売:テイチクN212A、昭和14年1月
歌い出し:柳ちるちる銀座の娘 今日も御無事を祈って仰ぐ

★ビクターで「だっていやよ」のヒットを出した静ときわが、戦時下の銀座の風景を歌っています。彼女は、東京女子学院を出て声楽家の松山芳野里や奥田良三に歌を習っていましたが、その甘い歌声をかわれてビクターからデビューしました。

メニューに戻る(M)
17)東京新地図    
若杉雄三郎詞・中山晋平曲・由利あけみ唄 (3分18秒)
発売:ビクターJ54537A、昭和14年4月
歌い出し:花の都の国策ルート 地下鉄可愛いや花ざかり

★地下鉄が、浅草―新橋―渋谷が全線開通したのが昭和14年1月15日でした。これを記念して、東京地下鉄道株式会社選定・雑誌「メトロ時代」推薦で制作・発売されました。歌詞にも戦時色が出ていますが、「スフ」は化学繊維のステーブル・ファイバーの略です。

メニューに戻る(M)
(18)東京新地図   
西条八十詞・服部良一曲・淡谷のり子唄 (3分14秒)
発売:コロムビア30291A、昭和14年7月
歌い出し:雨が降るふるアパートの 窓の娘よなに想う

★東宝映画「東京ブルース」(監督・斉藤寅次郎、主演・川田義雄/渡辺篤/奥山彩子)の主題歌として制作・発売されました。映画は、監督が喜劇の神様だけに全編抱腹絶倒の作品でした。尚、二番の歌詞で「楽しい航路」とありますが、原作では「愛の航路」で検閲で改定されています。

メニューに戻る(M)
(19)なつかしの歌声  
西条八十詞・古賀政男曲・藤山一郎/二葉あき子唄 (2分51秒)
発売:コロムビア30526A、昭和15年2月
歌い出し:銀座の街きょうも暮れて 赤き灯燃ゆ恋し東京

★東宝映画「春よいずこ」(監督・渡辺邦男、主演・徳川夢声/藤山一郎)の主題歌として制作・発売されました。映画は、前年に封切られたフランス映画「美しき青春」を川口松太郎が戦時下の日本風に翻訳したものでした。曲は、良き時代の銀座を抒情的で爽やかな旋律で歌い上げています。

メニューに戻る(M)
(20)東京の青空    
佐伯孝夫詞・佐々木俊一曲・小畑実唄 (2分35秒)
発売:ビクターA4247A、昭和16年11月
歌い出し:夕焼け小焼けの東京の空よ ララ唄があるララ夢がある

spレコードの数々

★ポリドールから「成吉思汗」でレコードデビューした小畑実のビクター移籍第一作のレコードです。数えの18歳で、当時は少ない少年歌手でした。日米開戦の前月で、東京の青空に夢があった時代の歌でした。

メニューに戻る(M)
●参考資料
東京府・東京市・東京都

東京府
明治元年(1868年)江戸を「東京」と改称し、「東京府」を置く
明治11年(1878年)東京府を区(15区)と郡(6郡)に編成

東京市
明治22年(1889年)東京府の区部15区を以て「東京市」を設置
昭和7年(1932年)東京市の近隣5郡82町を編入し、新たに20区を置き35区に

東京都
昭和18年(1943年)内務省主導で東京府と東京市を廃止し「東京都」を設置
昭和22年(1947年)東京都35区を22区に再編
同年8月に板橋区より練馬区域が分離し23区に

東京府庁と東京都庁本庁舎、第二本庁舎




講座企画・運営:吉田源司
テキスト制作: 落合敏也
会場写真撮影:吉田悦花
HTML制作:和田節子


本文はここまでです


このページの先頭へ(0)

現在位置: ホーム(1) 講義録一覧(2) >SPオリジナル盤で聴く昭和歌謡史~東京讃歌特集





個人情報保護方針アクセシビリティ・ポリシィ著作権、掲載情報等の転載、リンクについて連絡先

Copyright (c) kandazatsugaku Organization. All rights reserved.